【10月】月案・週案の文例【2歳児】

>>10月2歳児の個人案はこちらから

今月の保育のポイント

  • 運動能力が日々向上し、運動したい気持ちが盛んな子ども達は、全身運動を楽しもうとする。一方で無理な動きをしがちなので、危険のないように側で見守るようにする。
  • 草花や昆虫類、芋ほり等を通し、秋の自然の中で見つけたことや驚いたことに共感し、子どもの出会いと発見を大切にする。
  • 生活の中で、自分でできること、やれることを習慣化し、手洗いうがいをしっかり行う。自分でできるようになったことを認める声かけをし、子どもが前向きになれるようにしていく。
  • 戸外遊びの後はよく食べ、よく眠れるよう、ひとりひとりの健康状態や遊びの状態を把握し、十分な休息をとれるようにする。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 衣類の着脱など身の回りのことに興味を持ち、自分でやってみようとする。
  • スプーンやフォークの正しい持ち方を覚え、自分で持とうとする。
  • 保育者や友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。
  • いろいろな運動遊びを行い、身体を動かすことを楽しむ。

週のねらい

1週目:室内でも戸外でも、思いっきり身体を動かして遊ぶ

2週目:好きな遊びを見つけ、満足するまで遊ぶ充実感を味わう

3週目:身の回りのことに興味を持ち、自分でなんでもやってみようとする

4週目:秋の自然に触れ、草花や生き物に親しむ

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 休み明けには生活リズムが整うまでに個人差があったが、子どもたちは元気に過ごすことができていた。
  • 食事の際には「おいしいね」と保育者や友達に話しかける子どもがいたり、保育者が話しかけると嬉しそうにしたりする子どもがいた。
  • 排泄のタイミングが分かり、自分でトイレを指差すなどしぐさで表現する子どももいる。一方で、遊びに夢中になって保育者に声をかけられてもなかなかトイレに向かえない子どももいた。トイレで排泄が成功すると喜び、保育者が一緒に喜ぶと満足そうにする姿も見られた。
  • 衣類の着脱では、「自分で!」が出てきて全て自分で行おうとする子どもも増えてきた。うまく着脱できなかったり、前後が反対になってしまったりすることもあるが、意欲のある子どもが多い。
  • 「やりたい」「いや」など自分の思いを簡単な言葉で伝える姿が見られるようになってきている。

教育(遊び)

  • 戸外遊びの際には、落ち葉や石、木の実などを拾って観察する姿が見られた。虫を見つけると怖がって逃げる子どももいたが、指差しで保育者に伝えて興味を持って観察する子どももいた。
  • 運動遊びでは、しゃがむ、くぐるなど様々な身体の動かし方に挑戦し、楽しく参加する姿が見られた。うまく身体を使ったりバランスをとったりすることができず、尻もちをついてしまうこともあったが、意欲的に取り組んでいた。
  • 子どもたちが好きな音楽を流すと、歌ったり踊ったりする姿が見られた。友達の様子を見て一緒に始める子どももおり、みんなで楽しい雰囲気の中でリズム遊びに親しむことができた。
  • 友達の使っているおもちゃが欲しくていざこざが起きることもあったが、保育者に仲立ちされながら一緒に楽しく遊ぶことができている。一方で、好きな遊びに熱中し、一人遊びを存分に楽しんでいる子どももいる。

活動内容

養護(生活)

  • 保育者と一緒に手洗いうがいを行い、やり方を覚えてやってみようとする。
  • 衣類の着脱の際には、脱いだ服を片付けたり畳んでみたりしようとする。
  • 自分のタイミングでトイレに向かい、排泄が成功することを喜ぶ。
  • 食事の際にはスプーンやフォークを使って、意欲的に食事を進める。

教育(遊び)

  • かけっこや乗り物など、戸外での遊びを楽しむ。
  • 散歩の際には木の実や生き物などを見つけ、自然に興味を持つ。
  • 走る、ジャンプする、くぐるなど、新しい運動遊びを行い、身体を動かすことを喜ぶ。
  • 好きな歌や音楽を聴き、歌やふれあい遊びを楽しむ。
  • 保育者や友達が行っている遊びに興味を持ち、関わって遊ぼうとする。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 手洗いの際には、濡れないように袖をまくることも伝えていく。うまく洗えない子どもがいれば手を添えながら一緒に行う。
  • 身の回りのことを自分でやってみようとする意欲を認め、片付けたり服を畳んだりすることにも興味が持てるようにしていく。
  • 子どもが表現するしぐさを見逃さないようにトイレに誘い、排泄が成功する経験ができるようにする。排泄が成功した際には一緒に喜び、子どもの意欲を引き出していく。また、トイレでうまくできない子どもにもしっかりと声をかけ、やってみようと思う気持ちが湧くようにしていく。
  • スプーンやフォークの正しい持ち方を繰り返し伝えていくが、しつこく伝えすぎないように注意する。

教育(遊び)

  • 天気の良い日は戸外で存分に遊べる時間を設け、身体を思いっきり動かして遊べるようにする。バランスの取りにくい乗り物などに挑戦する際は、付き添い、怪我のないように気を配る。
  • 落ちている木の実や生き物の存在を知らせ、子どもが秋の自然に興味が湧くようにしていく。
  • 親しみのある音楽を流して子どもと一緒に歌ったり踊ったりすることを楽しみ、楽しい雰囲気を作る。
  • 友達と楽しく遊べるよう、必要に応じて仲立ちをしていく。いざこざがあった際には手が出てしまわないように、気持ちを代弁しながらお互いの気持ちを受け止めていく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • うまく走れるようになるなど、身体を思いっきり動かしたい時期。疲れが出ていないか、体調の変化がないかよく気を配りつつ、思いっきり動く時間とゆっくり落ち着いて遊べる時間を設けるようにする。
  • 急に気温が下がる日もあるため、子どもの服装が適切であるかよく気を配る。また、室内は快適に過ごせる温度になるようにする。
  • 運動遊びなどの際には、転んだり尻もちをつくことも考慮し、安全な環境の中で怪我のないよう行っていく。

行事

  • 避難訓練
  • 誕生会
  • 身体測定
  • 体育の日

食育

  • スプーンやフォークを使って、自分で最後まで食べ進める。
  • 様々な食材に興味を持ち、自分で食べてみようとする。
  • 保育者や友達と話をしながら、楽しい雰囲気の中で食事をする。

地域と家庭との連携

  • 活動量が増え、疲れなどで体調を崩しやすくなる時期。家庭でもゆっくり休める時間を確保したり睡眠時間をしっかり取るなど配慮をお願いする。
  • スプーンやフォークの正しい持ち方を、家庭でも取り組んでもらえるように声をかける。
  • 月の後半になるほど次第に寒暖差が出てくるので、体温調整しやすい服装をお願いする。

自己評価

  • 保育者と一緒に手洗いうがいを行い、やり方を覚えて自分でやってみることができたか。
  • 脱いだ服を片付けたり畳んでみたりしようとしていたか。
  • 自分のタイミングでトイレに向かうことができたか。
  • スプーンやフォークを正しい持ち方で使ってみようとしていたか。
  • かけっこや乗り物など、戸外での遊びを存分に楽しめたか。
  • 戸外では木の実や生き物などを見つけ、自然に関わって遊ぶことができたか。
  • 走る、ジャンプする、くぐるなど、新しい運動遊びを楽しめたか。
  • 友達が行っている遊びに興味を持ち、関わって遊ぶことができたか。

【9月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.