【11月】月案・週案の文例【4歳児】

今月の保育のポイント

  • 自分達の公共の場所という意識を持って生活、遊びに取り組めるよう、持ち出しが出来る材料や遊びの素材を用意しておき、片付けや整頓のルールも使いにくさや快適性を体験から保育者主導の元、子ども達と考えていく。
  • それぞれの思い描くイメージが具体的な形になるように、保育者はヒントやアイディアを出しながら、子ども達と実現までの創意工夫を楽しむ。
  • 落ち葉を一緒にほうきで集めたりするなど、遊びの時だけではなく生活動作から自然を感じられる環境をつくる。
  • 子どもたちに体験をさせたい保育者の思いが強くなりすぎて子どもの発想、満足感の阻害にならないよう。子どもが今楽しんでいることや表現していることに寄り添いながら体験活動を入れていき、同じ目線で楽しむようにする。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 季節に応じた生活の仕方を知り、衣類の着脱など自らできることはやろうとする。
  • リズム遊びを通して、友達と一緒に身体を動かして表現する楽しさを味わう。
  • 自分の思いや考えを伝え、友達の思いも聞こうとする。
  • 自分の持ち物や園のおもちゃなど、身の回りの物を大切に扱う。

週のねらい

1週目:食事の準備や着替えなど、身の回りのことを率先して行う

2週目:収穫祭に参加し、秋の食材に興味を持つ

3週目:友達や保育者との会話を楽しみ、自分の思いを伝えようとする

4週目:季節の移り変わりに気付き、秋の自然に親しみをもつ

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 保育者に声をかけられなくても、自ら手洗いうがいを行う姿が見られるようになってきた。次の活動に気持ちが向いてしまっているときには雑に行なってしまう時もあるが、習慣がつき丁寧に行うことが多い。
  • イモ掘りに参加し、友達と採れたイモを見せあいながら楽しく収穫する姿が見られた。また、野菜だけでなく土の感触や畑にいた虫などにも興味を持ち、嬉しそうにしている子どももいた。
  • 食事の際には正しい姿勢やマナーを守って最後まで意欲的に食べ進める姿が見られる。また、お箸に興味を持ち、一生懸命使ってみようとする子どもも増えてきている。
  • 嫌いな食べ物があると残してしまう子どももいるが、自分なりに目標を決めて食べてみようとする子どももいた。
  • 行事や戸外での自由遊びを通して年長児と関わりを持ったことで、「年長になったら○○組になりたい」「今度は○○できるようになるかな?」などの言葉も聞かれ、大きくなることへの期待感やでてきた子どももいる。

教育(遊び)

  • 鬼ごっこやかくれんぼなど簡単なルールのある遊びを友達と楽しみ、少しずつ自分たちでルールを作って遊ぼうとする姿も見られるようになってきた。楽しくなりすぎるとルールを忘れてしまうこともあり、いざこざが起きることもある。
  • 自分のイメージしたこと考えたことを一生懸命に友達に伝えようとする姿が見られた。また、相手の言っていることを聞こうとする姿も見られている。
  • 運動会では、「かっこいいところ見てもらう!」と当日は張り切っている子どももいれば、緊張して表情が硬くなっている子どももいた。
  • 木の実や色の変わった葉っぱなどを見つけ、興味を持って調べる姿も見られた。また、ままごとに取り入れ、ケーキの飾りやご飯に見立てて遊ぶ子どももいた。

活動内容

養護(生活)

  • 自分たちで食事の準備を行い、友達と楽しく食事をする。
  • 気温や体温に応じて、衣類を着脱して快適に過ごせるように調節しようとする。
  • 手洗いうがいを丁寧に行い、体調管理に気を遣おうとする。
  • 年下の友達に対して、優しく接しようとする。
  • 季節の移り変わりに気付き、自然に対して興味や関心を持つ。

教育(遊び)

  • 保育者や友達と話すことを楽しみ、自分の思いや考えを伝え、相手の気持ちも聞こうとする。
  • 遊びや活動を通して様々な友達と関わりを持ち、一緒にイメージを膨らませて遊ぶ楽しさを味わう。
  • リズムに合わせて身体を動かすことを楽しみ、表現することを楽しむ。
  • のりやはさみなどを正しく使って、丁寧に製作に取り組む。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 子どもが自ら率先して行動できるよう、次に行う活動などを前もって伝えるようにしていく。また、少しずつ文字に興味が出てくる子どももいるため、子どもが見えるところに1日の流れなどを掲示しておく。
  • 衣類の調節をどんなときに行うかなど伝え、子どもが自分で考えて行えるように促していく。また、汗をかいても遊びが優先になってしまう子どももいるため、様子を見ながら必要に応じて声をかけていく。
  • 戸外や行事を通して年下の友達と関わる機会を設け、接し方について知らせていく。また、声かけなども優しく行えるようにどんな口調や態度がいいのか子どもと一緒に考える。
  • 秋の自然に気づけるよう、子どもが見つけたものをクラスで紹介する時間などを設ける。また、友達が図鑑で調べたことなどを伝え、興味が持てるようにしていく。
  • 手洗いうがいの大切さを改めて伝え、子どもが行う理由まで理解して行えるようにする。

教育(遊び)

  • 子どもが思いや考えを伝えようとしているときにはしっかりと聞き、伝える嬉しさや充実感を感じられるようにする。また、相手の話も落ち着いて聞けるように必要に応じて声をかけたり聞く機会を設けたりする。
  • 親しみやすい音楽を使って、リズム遊びを行っていく。友達と一緒に身体を動かすことで、苦手意識のある子どもも楽しく取り組めるように工夫する。
  • 製作の際には改めてはさみやのりの使い方の確認を行う。手先が不器用ではさみがなかなか上手く扱えない子どももいるため、怪我のないように気をつけて援助していく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • 寒暖差が出てきて肌寒い日もある。体調管理に気をつけながら、快適に過ごせるように環境を整えていく。
  • 流行性の感染症が流行りやすくなるため、室内の温度、乾燥に気をつける。

行事

  • 避難訓練
  • 誕生会
  • 身体測定
  • 収穫祭
  • 交通安全教室

食育

  • お箸の正しい持ち方を知り、使ってみようとする。
  • 嫌いなものも自分なりに頑張って食べてみようとする。
  • 収穫祭に参加し、いろいろな食べ物に興味や関心を持つ。

地域と家庭との連携

  • 収穫祭や交通安全教室などの行事についてお知らせを出し、準備物の用意に協力してもらえるようお願いする。
  • 冬に流行りやすい感染症などについて掲示し、家庭もでも注意しながら過ごしてもらえるようにしていく。また、体調不良などが見られる場合は、園に共有してもられるようにお願いし、協力しながら健康管理をしていく。
  • 思いっきり身体を動かして活動をすると暑くなることもあるため、寒暖差にも対応できるよう着脱しやすく動きやすい着替えを用意してもらえるように声をかけていく。

自己評価

  • 自分たちで率先して食事の準備をすることができたか。また、友達と楽しく食事を進められたか。
  • 気温や体温に応じて、衣類を着脱しようとする姿が見られたか。
  • 自ら進んで手洗いうがいを丁寧に行うことができたか。
  • 年下の友達に対して、優しく接することができたか。
  • 季節の移り変わりに気付き、自然に対して興味をことができたか。
  • 保育者や友達と話すことを楽しみ、自分の思いや考えを伝えられたか。また、相手の気持ちを聞こうとする姿が見られたか。
  • 遊びや活動を通して様々な友達と関わりを持ち、一緒にイメージを膨らませながら遊びを楽しんでいたか。
  • リズムに合わせて身体を動かすことを楽しみ、表現する楽しさを感じられていたか。
  • のりやはさみなどを正しく使って、安全に製作に取り組めていたか。

【10月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.