【1月】月案・週案の文例【4歳児】

今月の保育のポイント

  • 手がかじかむ、息が白い、霜柱があるなどの、冬の自然現象に興味をもち、いつもとの違いに体で気付く子どもたちに「不思議だね」「どうしてこうなるんだろう」と一緒に共有しながら調べていくと、楽しく自然の変化を楽しめる。いくつかのバケツにちょっと水を張っておき、凍ったもので遊ぶのも面白い。
  • 「寒いのは嫌い」「寒くても外が好き」各家庭のこれまでの生活によって、それぞれ好みが出てくる。子どもに合わせてどちらも楽しめるように環境を準備していく。
  • トラブルや困ったことが続けば、クラスで共通のルールをもって話して考える機会も大切。ルールは保育士が子どもに与えるものではなく、みんなが快適に過ごすための決まりという認識を子どもがもつことが重要。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 遊びのルールを守りながら、気の合う友達と一緒に遊ぶことを楽しむ。
  • 冬の自然現象を知り、興味や関心を持つ。
  • 必要な生活習慣を身につけ、健康に過ごせるようにする。
  • 自分の気持ちや考えを保育者に伝えようとする。
  • お正月料理や七草がゆなどの日本の風習に触れ、日本の文化に関心を持つ。

週のねらい

1週目:生活リズムを整え、遊びや活動を思いっきり楽しむ

2週目:お正月遊びやおもちつきを通して、日本の風習について知る

3週目:友達と一緒にルールを守って遊ぶ楽しさを味わう

4週目:気の合う友達に自分の気持ちを伝えたり相手の気持ちを受け止めたりしようとする

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 「●○ちゃんが泣いてる」「怖い顔をしている」など相手の変化に気付き、相手の思いに少しずつ気付くようになっている。
  • 寒くなってきて水が冷たいため、手洗いやうがいが面倒になり適当に済ませようとする子がいる。
  • 片付けの際には、自分が使っていない玩具も友達と協力して片付けようとしている。
  • 鼻水が出ていても気にならず放っておいてしまう子やうまく鼻がかめない子がいる一方で、「鼻水が出ているよ」など友達同士で声を掛け合う姿も見られる。

教育(遊び)

  • 鬼ごっこなどの簡単なルールのある遊びを、気の合う友達と一緒に楽しんでいる。
  • 遊びの中で友達とイメージを共有できるように、自分の思いや考え言葉で相手に伝えようとしている。
  • 落ち葉や雪などに関心を持ち、実際に葉っぱに触れたり絵本などを見たりして冬の自然を見たり楽しんでいる。
  • 友達と一緒に歌を歌ったりダンスをしたりすることを楽しむ姿がある。

活動内容

養護(生活)

  • 手洗いうがいを行う大切さを知り、自らきちんとしようとする。
  • お餅つきやお正月料理、給食などを通して食材に関心を持ち、楽しんで楽しい雰囲気の中で食事をする。
  • 白い息が出たり手が冷たくなったりすることに気づき、冬ならではの現象に興味や関心を持つ。

教育(遊び)

  • 友達と遊びのイメージを共有し、一緒に話し合いながら遊びを進めることを楽しむ。
  • かるたやコマ回しなどのお正月ならではの伝統的な遊びを楽しむ。
  • 友達に自分の考えや気持ちを伝えるとともに相手の考えも受け止め、話に折り合いをつけようとする。
  • 落ち葉や氷などを見つけ冬の自然に親しみ、遊びに取り入れようとする。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 手洗いうがいは風邪の予防になることを伝え、石鹸を使って丁寧に洗う方法を説明する。
  • 料理に使われている食材について話をする機会を設け、子どもが食材に興味を持てるようにする。
  • 寒いと息が白くなるなどの冬ならではの現象に、子ども自身が気付けるように声掛けをする。

教育(遊び)

  • 遊びのイメージがなかなか共有できず、友達の輪に入れない子がいないかよく注意してみておく。友達に一緒に声をかけたり、遊んでいる子にルールをゆっくり説明してもらうなど援助し、友達と遊ぶ楽しさを味わえるようにする。
  • 遊んだことのない子にも分かるように、かるたやコマ回しなどのやり方を丁寧に伝える。
  • 友達と一緒に遊びを進められるよう玩具は十分な量を準備し、思いっきり楽しめるよう遊ぶ場所やルールを決めておく。
  • 落ち葉や氷を遊びの中で活かせるよう、必要に応じて遊びの提案が行えるようにしておく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • インフルエンザなどの流行性の風邪が流行りやすい時期。発症が疑われるときには迅速な対応ができるよう、職員同士で対応を確認しておく。
  • 子ども自身で気温に合わせて衣類の着脱を行おうとするがしっかりと自己管理することは難しいため、室内外の気温に合わせて適切な格好ができているか注意してみる必要がある。
  • コマ回しは思った方向にコマが飛ばせない恐れもあり少し危険を伴うので、子どもが遊び込めるようにコーナーをしっかり準備し、安全に遊べる場を準備しておく。

行事

  • お餅つき
  • 誕生会
  • 避難訓練

食育

  • お餅つきやお正月料理を体験することでお米や黒豆などの食材に親しみ、食べ物に関心を持つ。
  • 保育者や友達と会話しながら楽しく食事を進める一方で、食べながら話さないなどの食事のマナーを知り、守ろうとする。

地域と家庭との連携

  • 園だよりや掲示板でもちつきの日程について知らせ、準備の協力をお願いする。
  • 元気に過ごすための情報や対策を共有し、家庭でも生活リズムに気をつけて過ごしてもらえるよう呼びかける。
  • 連休明けで体調の変化も起こりやすいため、子どもの様子について細かに知らせていく。 自分の持ち物を自分で管理しようとできる時期であるため、子どもが自分の持ち物だと分かるように、一緒に準備したりマークをつけたりしてもらうよう協力を求める。

自己評価

  • 子ども同士がお互いに自分の気持ちを言葉で伝える機会が持てたか。
  • 発熱などの症状があった時には職員で連携を取り、迅速な対応ができたか。
  • 友達と一緒にルールを守りながら遊びを進める楽しさを味わうことができたか。
  • 手洗いうがいなどの正しい行い方を知り、子どもが自ら行えるようになったか。

【9月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.