【1月】絵本のおすすめ【4歳児】

2020年11月10日

おすすめの絵本をまとめました。

  • 学年ごとのおすすめを知りたい
  • 季節感のある絵本を読んであげたい
  • 子どもを引きつける絵本を読みたい

そんなニーズを抑えつつ、図書館でも借りられる、人気・定番の王道絵本を中心に選んでいます。

『もくじ』から気になるところを見てみてくださいね。

月案文例も人気です♪

【まとめ】月案・週案の文例【月別・学年別】

続きを見る

あけましておめでとう

ねらい

  • おせち料理や初詣などを知る
  • 昔のお正月に興味を持つ

あらすじ

「きょうは おしょうがつ」

「いちがつ ついたち いちねんの はじまりの ひ」

「だから あけましておめでとう」

お正月にはどんなお料理やあそびがあるのかな…?

昔から受け継がれているお正月の過ごし方について知ることができる一冊です。

解説文

「あけましておめでとう」の繰り返しのフレーズがリズムよく読みやすく聞きやすい絵本。

お正月ってなに?お正月ってどんなことをするの?と意味や過ごし方、遊び方を子どもたちにより分かりやすく伝えることができるので、お正月を迎える前に読んでおくと子どもたちもお正月に期待を持ったり、より楽しく過ごせそうですね。

また、お正月が終わったあとにもう一度読むことで、”こんなことをしたよ!”と子どもたちと一緒に振り返ってみたり、お正月あそびを実際に活動で取り入れるのもオススメです。

おふろだいすき

ねらい

  • ストーリーを理解して楽しむ
  • 想像力を育てる

あらすじ

男の子のまこちゃんがひとりでおふろに入ります。

お風呂に入るときは、あひるのおもちゃのプッカと一緒。

まこちゃんもプッカもおふろが大好きです。

さて、まこちゃんが身体を洗っていると、おふろの底からざぁーっとおおきなかめが…

続いて、ぺんぎん、あしか、かば、そしてなんとくじらまで!

みんなで身体を洗って、おふろにつかって50を数えていたら、お母さんの声が。

まこちゃんと動物たちはどうなるかな?

解説文

おふろで繰り広げられる、楽しいファンタジーのお話しです。

子どもたちと一緒に、お風呂での過ごし方を一緒にお話しできる一冊になっています。

数を数えるシーンは子どもたちと一緒に数えながら絵本の世界を楽しめますね。

また、おうちのお風呂に動物さんはいるのかな…?と想像しながら絵本を読むことで、子どもたちもきっとワクワクするはず!

寒い冬のお風呂がより待ち遠しくなるストーリーですよ。

14ひきのもちつき

ねらい

  • お正月に興味を持つ
  • ストーリーを理解して絵本の世界を楽しむ

あらすじ

薪をわるおとうさん。

かまどに火を入れるおじいさん。

おばあさんとおかあさんは、お米の準備をしています。

今日はおもちつきの日!

子どもたちも起きてきて一緒にお手伝いです。

ぺったんとったん、さあ、どんなおもちができるのかな?

解説文

「14ひきシリーズ」のこの一冊。

”おもちつき”という題材なので、お正月シーズンにもピッタリな作品です。

おもちつきを園で取り組んだり、おもちつきごっこをする時の導入としても使用できますね。

おもちつきについてだけでなく、細かい絵の描写も一緒に楽しめますよ。

そして、14ひきシリーズは、表紙と表紙を外した時の絵が少し違うんです!

この違いもぜひ子どもたちと一緒にぜひ楽しんでみてくださいね。

おむすびころりん

ねらい

  • ストーリーを理解して楽しむ
  • 集中して絵本を見る

あらすじ

おじいさんが落としたおむすびが、木の下の穴へ入っていくと、何やら可愛らしい歌声が聞こえてきました。

もう一つのおむすびをもう一度穴の中に転がし、聞こえてくる歌に夢中になっていると、おじいさんまで穴の中へ!

ねずみたちに歓迎されて、宝物のお土産をもらって帰りました。

すると、となりの欲張りじいさんがその話を聞いていて…?

昔から語り継がれている、昔ばなしのお話しです。

解説文

ストーリーは長めですが、話のテンポもよく、繰り返し読むことで内容もより理解できますよ。

「おむすび ころりん すっとん とん」このフレーズが頭に残り、思わず一緒に言いたくなっちゃいますね。

登場人物も分かりやすく、子どもたちも親しみやすい内容になっています。

最後は意外な展開なので、子どもたちにとってちょっぴり怖いかもしれませんが、日本昔ばなしの雰囲気を味わうことができる作品です。

いちごばたけのちいさなおばあさん

ねらい

  • 想像しながらお話しを楽しむ
  • 身近な食べ物に興味を持つ

あらすじ

いちご畑の土の中に住んでいる小さなおばあさん。

このおばあさんの仕事は、いちごに赤い色を付けることです。

ある年、いつもよりも早く暖かくなり、いちごの花が咲き始めたのでおばあさんは大忙し!

どんな風に赤い色を付けるのかな?

読んでいてワクワクする、ファンタジーの作品です。

解説文

子どもたちの大好きな果物といえば、いちご!

クリスマス時期やお誕生日のケーキの上に乗っていたりと、子どもたちにも身近なものなので、より親しみを持ってたり、想像を膨らませながら絵本の世界を楽しめますね。

どうしていちごは甘いのかな?どうしていちごは赤いのかな?という疑問が解決するかも…?

ぜひ子どもたちと一緒に考えてお話ししてみてくださいね。

他の月はまとめページからご覧ください

【まとめ】絵本のおすすめ(保育園・幼稚園・こども園)

続きを見る

週2回、お役立ち情報を配信

友だち追加

【転職サービス、好評です】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 保育士お悩みのプロが運営
  • 運営者は元保育士
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほいくのおまもり(妻)

サイト管理人夫婦の妻の方。幼稚園でアルバイト2年、正職員6年、保育園で保育士3年。合計11年、この業界に関わりました。結婚を機に退職し、現在は3児の母。他に、夢の国のキャストや大手監査法人で事務職を2年半経験しました。買い物が大好きで、セールの季節はそわそわしています。

-絵本

Copyright© ほいくのおまもり , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.