【4月】月案・週案の文例【5歳児】

今月の保育のポイント

  • 年長児になり、入園式などの場所でリードする役割が増える。子どもも少なくとも不安があり、緊張しながら行っていることが多いので、やりがいに変わるよう「がんばったね、えらかったね」と子どもを認め、情緒を満たす。
  • 年長になって新しいクラスになり、役割も増え、不安な子どももいる。まずはひとつ大きくなった自分を楽しめるよう、好きな遊びを広げていく時間を十分保障し、友達や保育士とのつながりを十分感じられるように関わる。
  • 年長児になり、運動機能も発達してきて、激しく戸外で遊ぶ子どももよく見られる。4月はじめでまだ浮足立つ気持ちが引き金となって怪我をする子どもも多く、ぶつかる、転ぶ、落ちるなどの怪我には十分注意して見守る。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 新しいクラスに慣れ、情緒の安定した生活が送れるようにする。
  • 生活の流れを覚え、身の回りのことは自ら進んで行う。
  • 年長になった喜びを味わいながら、気の合う友達や保育者と一緒に好きな遊びを楽しむ。
  • 春の花や生き物に気づき、自然に興味関心を持つ。

週のねらい

1週目:生活の流れを覚え、身の回りのことは自分で行おうとする。

2週目:気の合う友達や保育者と一緒に好きな遊びを楽しむ。

3週目:新しいクラスに慣れ、安心して過ごす。

4週目:春の草花や生き物に気づき、見たり触れたりして遊ぶ。

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 自分が年長になることに対しての期待が高まり、自信を持って生活している子どもが多い。
  • だんだんと気温が暖かくなる日が多く、気温の変化や春の花のつぼみが出ているのに気づいたりする子どももいた。
  • 年下の友達に対して優しく接しようとしたり、優しい言葉で教えてあげようとする姿が見られた。
  • お箸にも興味をもち、使ってみようとする子どももいたが、まだまだうまく使えず食べこぼしたり途中でスプーンに持ち替える姿もあった。

教育(遊び)

  • 自分の気持ちを言葉で表現し、相手が分かるように伝えようとする姿がある。
  • 簡単なルールのある遊びを好んで友達と楽しそうに遊んでいた。また、ルールが少しずつ難しくなっても理解して遊んでいる子どももいたが、複雑なルールはなかなか理解できない子どももいた。
  • 砂や葉っぱ、花びらなどを使いながらままごとを楽しんだり、友達と役割を決めてごっこ遊びを楽しんでいる。

活動内容

養護(生活)

  • 年長での生活の約束や流れを覚え、身の回りのことを自分で行おうとする。
  • 進級を喜び、気の合う友達や保育者と関わりながら安心感を持ってのびのびと過ごす。
  • 体温の変化に合わせて衣類の着脱を自ら行おうとする。
  • 異年齢児と関わりをもち、優しく接しようとする。

教育(遊び)

  • 春の草花や生き物などの自然に興味を持ち、調べたり触ってみたりして遊ぶ。
  • 人の話を聞き、自分の思ったことや感じたことを話す。
  • 遊びを通してクラスの友達と関わりを持ち、一緒に遊んだり過ごしたりすることを楽しむ。
  • 戸外で思いっきり身体を動かして遊び、身体を動かす心地よさを味わう。
  • モノの使い方や使う時の約束を確認し、正しく使いながら製作を楽しむ。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 年長になった喜びを感じる一方で、クラスや保育者の変化に戸惑い、落ち着かない子どももいる。一人ひとりの気持ちの変化をしっかりと受け止め、信頼関係を築いていけるように関わりを持つ。
  • 新しい環境に戸惑い、なかなか情緒が安定しない子どももいる。一人ひとりの様子を注意してみておき、友達と関わりが持てるように援助していく。
  • 新クラスでの約束や生活の流れなど全員で確認し、子どもが流れを覚えられるようにする。
  • 暖かい日も増え、戸外で思いっきり身体を動かすと汗をかく子どももいる。適切に衣類が着脱できているか様子を気にしておく。
  • 入園式や自由遊びの際に異年齢児とも関わりを持ち、年下の友達への接し方を考える機会を設ける。難しい子どもには、具体的にどんな風に優しくするのかを伝えるなどし、子どもなりに工夫しながら関わりが持てるよう必要に応じて援助する。

教育(遊び)

  • 冬には咲いていなかった花や暖かくなって出てきた生き物に興味を持てるよう、保育室に自然の図鑑などを準備しておく。また、子どもが自然に興味を持てるように声かけを必要に応じて行っていく。
  • 椅子取りゲームやハンカチ落とし、しっぽ取りなど、クラス全員でできる遊びを準備し、新しい友達とも関わりが持てるようにする。その際には、前から仲の良い友達だけでなく、できる限りいろんな友達と関わりが持てるよう援助していく。
  • 戸外遊びの時間を十分に取り、好きな遊びややりたいことを思う存分楽しめるようにする。
  • 子どもが自分の気持ちを話そうとしている時にはしっかりと気持ちを受け止め、気持ちを伝える満足感を味わえるようにしていく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • 年長になって初めて使う玩具や遊びなどは、事前に使い方や約束を確認し、怪我のないように注意する。
  • 年長になった喜びを感じる一方で、気持ちが浮ついてしまう子どももいる。園生活の約束やクラスでの約束を改めて確認し、安全に過ごせるようにする。
  • 新しいクラスや友達に不安を感じ、情緒が不安定になり体調を崩しやすい子どももいる。体調の変化や様子に異変がないかをよく注意してみておく。

行事

  • 進級式
  • 入園式
  • 誕生会
  • 保護者会
  • 身体測定
  • 避難訓練

食育

  • 友達と一緒に楽しい雰囲気の中で安心して食事をする。
  • 旬の果物や野菜などにも興味をもち、図鑑で調べたり実際に触れたりして食べ物に対して興味を持つ。

地域と家庭との連携

  • 1年間の子どもの育ちの見通しや行事などを伝え、保護者の方にも年長での生活の流れがわかるようにする。
  • 年長になってからの様子やつまずきなどを保護者に具体的に伝え、家庭でのサポートに協力してもらえるようにする。
  • 緊急連絡先や怪我の時の対応などを保護者の方と改めて確認する。

自己評価

  • 年長になったことを喜び、意欲的に生活することができたか。
  • 生活の約束や流れを覚え、子どもが率先して身の回りのことを行えていたか。
  • いろんな友達と関わりをもち、新しい友達と遊ぶ楽しさを味わえたか。
  • 保育者や友達と一緒に過ごすことを喜び、のびのびと過ごすことができたか。
  • 春の自然に触れ、草花や生き物に興味、関心を持つことができていたか。
  • 旬の果物などにも親しみ、季節の食べ物に対して興味を持つことができたか。
  • 保育者や友達の話をよく聞き、自分の気持ちや考えを表現しようとできていたか。

【9月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.