【7月】月案・週案の文例【0歳児】

>>7月0歳児の個人案はこちらから

今月の保育のポイント

  • 子どもにとっては、生まれて初めての夏。子どもの健康状態を把握し、沐浴や水遊びなどで気持ち良く過ごせることをねらいとする。
  • 夏季熱、熱中症、ヘルパンギーナ、プール熱、手足口病、とびひなど、夏に流行りやすい伝染病の理解をし、子どもに該当する異変がないかをしっかり観察する。また、保護者とよく連携し、子どもの様子を共有しておく。
  • 0歳児は身体が小さい分、外気温や水分が不足するとすぐに体温が上がるので、子どもの欲しい分、十分量の水分をとらせ、満足させる。
  • ハイハイや探索活動が活発になってくるので、安全であるか環境を見直す。保育者が後ろから追いかける、トンネルをくぐるなど、ハイハイの楽しい遊びをいくつか用意しておく。
  • 子どもが指差しや喃語で自分の思いを訴えることを大切にし、しっかり受け止める。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 保育者に見守られながら、安定した生活リズムで過ごす。
  • 水遊びや沐浴を通して、水に触れて遊ぶことを楽しむ。
  • 様々な玩具に興味を持ち、触れたりなめたりしながら親しむ。
  • 行事に参加し、楽しい雰囲気を味わう。

週のねらい

1週目:七夕の行事に参加し、行事の雰囲気を楽しむ

2週目:水遊びや沐浴を通して、水に触れる楽しさを味わう

3週目:健康観察をしてもらいながら、心地よく元気に過ごす

4週目:保育者と一緒に好きな遊びを繰り返し楽しむ

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 特定の保育者との関わりを喜び、安心して過ごす姿が見られた。親しみのある保育者の姿が見えなくなると、泣いて訴えることもあった。
  • 離乳食を口元へ持っていくと、舌で押し出すこともある。
  • 鼻詰まりなどの体調不良があると、寝つきや機嫌が悪くなっている。
  • オムツに排泄した際には泣いたりぐずったりして表現し、変えてもらうと機嫌が直るなど、態度で表現する子どももいる。

教育(遊び)

  • ハイハイで部屋の中を動き回り、気になるものがあると手を伸ばしたりとってみようとする姿が見られた。保育者も一緒にハイハイしたりすると嬉しそうにし、喜んでいる。
  • 様々な玩具に触れたり口に入れたりして、興味を示す姿が見られた。また、持った玩具を投げたり落としたりすることも楽しんでいる。
  • 保育者が手遊びをしたりわらべうたを歌うと喜び、じっと見たり身体を動かしている。
  • 意欲的に戸外に出て、マットの上でハイハイをしたり異年齢時が遊んでいるのを見たりしていた。
  • 保育者が発する言葉に合わせて喃語を発しようとする姿が見られた。

活動内容

養護(生活)

  • 自分でコップを持とうとし、意欲的に水分をとる。
  • 少しずつ離乳食を食べさせてもらい、喜んで食事をする。
  • 慣れた保育者以外にもおんぶや抱っこをしてもらい、関わりをもつ。
  • 親しみのある保育者に見守られながら、個々の生活リズムに合わせて心地よく睡眠をとる。
  • ゆったりと快適に過ごせる環境を整えてもらいながら、元気に過ごす。

教育(遊び)

  • ハイハイやつかまり立ちなどで移動し、自分の欲しいものを持ったり触ったりして喜ぶ。
  • 保育者と一緒に七夕の行事に参加し、行事の楽しい雰囲気を味わう。
  • 水遊びや沐浴の際には水に触れ、心地よさを味わう。
  • 触れ合い遊びや手遊びを喜び、一緒に身体を動かしながら楽しむ。
  • 戸外遊びや散歩に出かけ、自然や身の回りのものに興味をもつ。
  • 保育者の発する言葉を楽しみ、真似しながら喃語を発しようとする。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 自分でコップを持とうとできる子どもは意欲を認め、支えながら自分で水分がとれるように援助する。自ら水分がとれない子どもは、こちらからこまめに水分補給ができるよう、様子を見て声をかけていく。
  • 食事の際にはそれぞれの月齢にあった内容かどうかよく確認しながら進めていく。家庭ともよく相談しながら、離乳食や幼児食へと移行していけるようそれぞれの様子を気に掛ける。
  • 担任以外の保育者と関わる機会を設け、少しずつ慣れていけるようにする。親しみのある保育者に見守られながら関わることで、安心して関わりがもてるように配慮しながら行う。
  • 睡眠をとるタイミングは、子ども一人ひとり違うため、それぞれの生活リズムにあった睡眠がとれるように注意する。

教育(遊び)

  • 安全に探索活動ができるよう、部屋の中に危険なものを置かないようにする。また、棚の上から落ちてきて危険なものは、棚の上に置かないなど細かな環境まで気を付ける。
  • 玩具は子どもの手の届く範囲に置き、無理に引っ張って取らなくてもいいようにしておく。
  • 水遊びや沐浴の際には個々の体調に合わせて、水の温度にも気を付ける。また、無理強いをせず、心地よく楽しく遊べるように様子を見ながら行っていく。
  • 触れ合い遊びや手遊びはゆっくりと行い、子どもが一緒に身体を動かしたりしやすいようにする。
  • 戸外では、花や葉っぱ、生き物などの存在に子どもが気づけるように声をかけていく。また、触れて遊べるように子どもに手渡すが、口に入れないように注意いて様子を見ておく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • 戸外遊びや散歩の際には、長い時間ずっと日光に当たらないように注意する。木陰で遊べる場所を事前にチェックし、心地よく遊べるように整えておく。
  • 水分補給はこまめに行い、必ず全員がしっかりと水を飲めているか確認する。

行事

  • 七夕
  • 水遊び
  • 避難訓練
  • 誕生会
  • 身体測定

食育

  • 保育者が進んで食事の挨拶をすることで、子どもが興味を持てるようにする。
  • 食べこぼしなどでテーブルや床が汚れたときは、その都度きれいにし、心地よく食事ができるようにする。
  • 月齢によって援助に工夫をし、一人ひとりにあった方法で食事が進められるようにしていく。

地域と家庭との連携

  • 沐浴や水遊びを行うため、着替えやプール用のオムツの準備をお願いする。また、汗をかいて着替えが増えるため、多めに衣類の替えを補充してもらえるようにする。
  • 熱中症やとびひ、プール熱などの伝染病が流行りやすい時期。子どもの身体や体調に異変がないか、家での様子も伝えてもらえるように保護者とのコミュニケーションをとっていく。また、園で変化があった場合は、保護者に小さなことでも伝えるようにする。

自己評価

  • 子どもが意欲的に水分をとることができたか。
  • 食事の際には、自分で食べようとしたり保育者に食べさせてもらったりしながら、喜んで食事ができたか。
  • 慣れた保育者以外とも関わりをもち、関わることを楽しんでいたか。
  • 保育者に見守られながら、生活リズムに合わせて心地よく眠ることができたか。
  • ハイハイやつかまり立ちなどで移動し、自分の欲しいものを持ったり触ったりできたか。
  • 保育者と一緒に七夕の行事に参加し、行事の雰囲気を楽しんでいたか。
  • 水遊びや沐浴の際には水に触れて遊ぼうことを楽しめたか。
  • 触れ合い遊びや手遊びを喜び、一緒に身体を動かせたか。

【7月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.