【7月】絵本のおすすめ【0歳児】

今月のおすすめ絵本をまとめました。

  • 学年ごとのおすすめを知りたい
  • 季節感のある絵本を読んであげたい
  • 子どもを引きつける絵本を読みたい

そんなニーズを抑えつつ、図書館でも借りられる、人気・定番の王道絵本を中心に選んでいます。

『もくじ』から気になるところを見てみてくださいね。

ごぶごぶごぼごぼ

ねらい

・音の響きや絵の変化を楽しむ

あらすじ

まあるいかたちが「ぷくぷく」「ごぼごぼ」。

音の響きがおもしろく、絵や色の変化も楽しいしかけ絵本です。

解説文

「ぷくぷく」「ごぼごぼ」といった音をどのように表現して読むかで子ども達の興味も変わってくるでしょう。

読み方に緩急をつけたり、声のトーンにメリハリをつけるなどして、どのように読んだら子ども達が楽しめるか工夫してみると良いですね。

おめんのえほん

ねらい

・しかけ絵本を楽しむ

・いろいろなおめんを楽しむ

あらすじ

くま、うさぎ、いぬ、ちーたー・・・

いろいろなおめんがありますよ。

目の部分に穴が開いていてしかけになっている絵本です。

解説文

保育者がおめんをかぶっているように見せても面白いですね。

子ども達の興味に合わせてページをめくるタイミングを変えても良いでしょう。

きらきら

ねらい

・キラキラとした絵本の色味を楽しむ

・音の響きを楽しむ

あらすじ

おほしさまがきらきらきらー!

金色のおほしさまになったよ。

まるいかたちもきらきらしたら、最後はおほしさまとぐるぐる回るよ。

解説文

ページによって文字の大きさが変わるので、文字の大きさに合わせて声の大きさやページをめくるタイミングに変化をつけると面白いでしょう。

きらきらとした色味は他の絵本にはあまり見かけないので、子ども達も興味を持つかもしれませんね。

もいもい

ねらい

・言葉の響きを楽しむ

あらすじ

「もいもい」というキャラクターが大きくなったり小さくなったりのびたりちぢんだり。

丸みのあるキャラクターがとてもかわいらしい絵本です。

解説文

コロンとした丸みのあるキャラクターと「もいもい」というオノマトペが子ども達の興味を引きつけることでしょう。

「もいもい」「まいまい」といった単純なオノマトペでお話が進んでいくので、どのように読んだら楽しめるか、間や声の大きさなど工夫して読むことをおすすめします。

あ・あ

ねらい

・2つの音の響きや重なる言葉を楽しむ

あらすじ

表紙はニコニコ笑った赤ちゃんのお顔。

「も・も」「く・く」「て・て」・・・2つの音が重なり合い言葉になる様子を、分かりやすくシンプルなイラストで表現した絵本です。

解説文

子ども達の興味に合わせて、ページをめくるスピードを変えるのも良いでしょう。

一音一音、優しく丁寧に読み進めていくのもおすすめです。

 

他の月はまとめページからご覧ください

【まとめ】絵本のおすすめ(保育園・幼稚園・こども園)

続きを見る

週2回、お役立ち情報を配信

友だち追加

【8月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほいくのおまもり(妻)

サイト管理人夫婦の妻の方。幼稚園でアルバイト2年、正職員6年、保育園で保育士3年。合計11年、この業界に関わりました。結婚を機に退職し、現在は3児の母。他に、夢の国のキャストや大手監査法人で事務職を2年半経験しました。買い物が大好きで、セールの季節はそわそわしています。

-絵本

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.