【6月】月案・週案の文例【0歳児】

>>6月0歳児の個人案はこちらから

今月の保育のポイント

  • 湿度が高く、気温も高めの日が多い。子どもにとっては蒸れるなどして不快と感じることの多い時期なので、沐浴を実施したりおむつ替えを頻繁にし、不快から快の変化を実感できるよう保育する。
  • つかまり立ち、這う、ハイハイを楽しく十分に行えるよう、スペースを確保し、追いかけて楽しめる遊びを用意しておく。来月のプール遊びに備え、子どもの動きを把握しておく。
  • 人見知りが始まる子どもに対して、特定の保育者が関わり、安心できる人的環境を保障する。安心できる保育者のそばで、徐々に外への興味を子どもの思いに従って広げていく。
  • 子どもがしっかり安心して眠れるように、静かで落ち着く衛生的な環境を用意する。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 生活リズムを安定させ、機嫌よく過ごす。
  • 保育者との関わりを喜び、ふれあい遊びを楽しむ。
  • つかまり立ちやハイハイなどを行い、身体を動かそうとする。

週のねらい

1週目:特定の保育者との関わりを喜び、ふれあい遊びを楽しむ。

2週目:好きな玩具を使って遊びを楽しむ。

3週目:戸外で過ごす心地よさを感じる。

4週目:意欲的に身体を動かす。

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 連休明けには生活リズムが崩れ、保護者と離れる際に不安になる子どももいた。泣いている時間も長かったが、慣れた保育者が寄り添うことで少しずつ落ち着いて過ごす姿が見られた。
  • 食事の際には自ら意欲的に食べ進めようとする子どもが多い。食事の量は個々で差があり、家庭で離乳食が進んでいる子は様子を見ながら園でも離乳食に切り替えている。
  • あまり慣れていない保育者に抱かれると泣くようになった子どももいる。

教育(遊び)

  • うつ伏せの姿勢になって、腕で支えて上半身を起こそうとしている子どもがいる。また、机や柵などを使ってつかまり立ちをしている子どももいる。
  • 慣れた保育者との関わりを喜び、ハイハイで近寄ったり笑顔になったりする子どももいる。
  • 気になる玩具を触ったり、舐めたりしている。
  • 絵本に興味を持ち、開いたり閉じたりして楽しんでいる姿がある。
  • ふれあい遊びを喜び、何度もやってもらおうと保育者に近く子どももいる。
  • 誕生日会に参加した際には、年上の友達の様子をじっと見ている。

活動内容

養護(生活)

  • 特定の保育者との関わりを深め、安定した情緒で過ごす。
  • 口の周りや汚れた手を拭いてもらい、身の回りを綺麗にする心地よさを味わう。
  • おんぶや抱っこをしてもらうことで気持ちを受け止めてもらい、安心感もって過ごす。
  • いろいろな食べ物に慣れ、喜んで食事を進める。
  • スプーンを持って食べられそうな子は、スプーンを持って食べようとする。

教育(遊び)

  • つかまり立ちをしたりハイハイをしたりし、身体を動かすことを楽しむ。
  • 様々な玩具に興味を持ち、触れたり遊んでみたりしようとする。
  • 手遊びやわらべうたなどを聞き、真似したり喃語を発したりしようとする。
  • 保育者と一緒に行事に参加し、楽しい雰囲気を味わう。
  • 戸外に出て過ごす心地よさを感じ、安全なところでは自由に歩こうとする。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 担任などの特定の保育者とゆったりと関わる時間を設け、親しみが湧くように丁寧に関わっていく。
  • よだれで口や手が汚れた際にはその都度拭き、「きれいになったね」「気持ちいいね」など声をかけ、綺麗になった心地よさを感じられるようにする。
  • 食事の際には少しずつ様々な食べ物に挑戦し、食材に興味が持てるようにする。無理強いはせず、ここの成長に合わせて食事の内容を柔軟に対応できるようにする。また、食材の大きさなどにも気を付ける。
  • スプーンを持てそうな子どもには勧め、持ってみる体験を重ねられるようにする。

教育(遊び)

  • ハイハイなどを自分からあまり行わない子には「こっちだよ」「おいで」など声をかけて誘い、保育者も一緒にハイハイすることを楽しむようにする。
  • 行事の際には保育者がそばにいることで、慣れない環境の中でも安心して過ごせるようにする。人混みで不安になってしまう子どもは少し離れたところから様子を見るなど、安心して参加できる環境を工夫する。
  • 行動範囲が少しずつ広がっていくため、安全に探索活動ができるよう部屋の中に危険なものや棚から落ちてきそうなものを置かないようにする。
  • 親しみやすいリズムの手遊びやわらべうたを準備し、繰り返し行うことで子どもも一緒に身体を揺らしたりリズムを楽しめるようにしていく。
  • 戸外で自由に動く際には、地面にガラス辺や飲み込む恐れのあるゴミがないかなど事前にチェックし、安全に遊べるように環境を整える。
  • 室内での探索遊びや戸外で過ごす際には子ども一人ひとりの様子を気をつけて見守り、危険な行動や転倒などしていないか気にかける。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • ハイハイをしたりつかまり立ちをしたりと活動が少しずつ活発になるが、安定感がなく転倒しやすい時期である。姿勢を崩した際にぶつけたりしてないか、様子をよく見守るように気を付ける。
  • 食中毒など流行しやすい時期であるため、室内の衛生環境に気をつけ、こまめに清掃を行う。
  • 蒸し暑い日には水分補給をしっかりと行うようにする。

行事

  • 虫歯予防デー
  • 保育参観(親子ふれあいデー)
  • 避難訓練
  • 誕生会
  • 身体測定

食育

  • 柔らかいものを家庭で食べている子どもは、少しずつ噛んで食べるものにしていく。
  • 食中毒が流行りやすい時期であるため、食品の管理に気を付ける。

地域と家庭との連携

  • 日々の気候の変化に合わせて柔軟に衣類の調節ができるように着替えの準備をしてもらう。
  • 親子ふれあいデーなどの行事があることを前もって保護者に伝え、参加してもらえるようにお願いする。また、家庭での子どもとのふれあい方の参考にもなるような遊びや活動を取り入れる。
  • 細かな体調の変化もやりとりできるよう、連絡帳や送迎時の時間を活用してコミュニケーションをしっかりととる。

自己評価

  • 個々の成長に合わせた食事を進めていくことができたか。
  • 戸外で過ごす心地よさや楽しさを感じることができたか。
  • 保育者とじっくりと関わりと持ち、親しみを持つことができたか。
  • 身の回りを清潔にする気持ちよさを感じることができたか。
  • 誕生会に参加し、楽しい雰囲気の中で安心して過ごすことができたか。
  • ふれあい遊びを喜び、子ども自ら身体を動かそうとすることを楽しんでいたか。
  • 様々な玩具に興味を持ち、触ったり遊んだりすることを楽しめたか。

【9月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.