【2月】月案・週案の文例【0歳児】

今月の保育のポイント

  • 2月は寒さのピークで室内での遊びが増えるが外遊びも大切。機嫌よく、快で過ごすことをねらいとし、子どもの体調や天気に応じて外遊びを入れる。
  • 室内遊びの環境を充実させ、トンネルや坂などハイハイで探索遊びができるようにする。
  • 病気休み後の登園は心身ともにまだ不安定。他の病気にかかりやすく、心も不安で泣きやすい。子どもの安定した生活を第一に考えて、いつもよりも余裕をもった保育を。
  • 子どもが手づかみで食べる、行きたいところへ移動するなど、自分の意志で動くようになってきた時期。子どもの興味関心に合わせた触れ合い遊びや、衣服の着脱、排泄などの生活を通して保育士とのやりとりを楽しみ、自分の意志を受け止められ、甘えられる安心感を得られるように保育する。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 室内外で機嫌よく過ごす。
  • 遊びや活動を通してハイハイやつかまり立ちなどを楽しむ。
  • 探索遊びを楽しみ、身の回りにある様々なものに興味を持つ。

週のねらい

1週目:寒い中でも機嫌よく過ごす

2週目:探索遊びで身の回りの様々なものに興味を持つ

3週目:ハイハイやつかまり立ちをし、身体を動かすことに喜びを感じる

4週目:保育者の言葉を繰り返したり、発語することを楽しむ

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • オムツが濡れて不快感がある時には泣いたりオムツを触ったりして、仕草や行動で示す子どももいる。
  • ご飯やおやつを食べる際には自ら手づかみで口に運び、積極的に食べ進める姿がある。時にはスプーンやフォークを持ちながら食べ進めることも増えてきている。
  • 戸外に出ることを喜び、自分の靴を指差したり上着を掴んだりしている。
  • 休み明けで不安な時には保育者に甘えることもあるが、生活リズムが整うと安定した情緒で過ごせる日が増えてきた。

教育(遊び)

  • 玩具を箱に出し入れしたり、机から落としたりすることを楽しんでいる。
  • 柵を支えにしてつかまり立ちをしたり、ハイハイしたり、身体を動かすことに喜びを感じている。また、少しずつ歩くことができるようになってきた子もいる。
  • 布団やタオルなどに顔を隠して「いないいないばあ」と顔を出すことを喜び、保育者の反応や表情を見て楽しんでいる。
  • 気に入った絵本を繰り返し読み、保育者の真似をしながら「ばあ」「ない」「ね」など発語が見られる。
  • 体操やリズム遊びの音楽に合わせて身体を揺らし、楽しむ姿がある。

活動内容

養護(生活)

  • 排泄の際にはおまるに興味を持ち、座ってみようとする。
  • 豆まきの行事を通して異年齢児と関わりを持ち、いろんな友達と触れ合う。
  • 自分の思いを泣いたり怒ったりして保育者や友達に伝えようとする。
  • 着替えなどにも意欲的になり、自分でやってみようとする。
  • 食事の際には自らスプーンやフォークを使って食べようとする。

教育(遊び)

  • トンネルくぐりやマットの上を歩くなどの活動を取り入れ、身体を存分に動かして遊ぶ。
  • ハイハイしたり伝い歩きをしたりすることを喜び、自分で立ったり歩いたりしようとする。
  • 歌遊びや触れ合い遊びでは、音楽に合わせて身体を揺らすことを楽しむ。
  • 名前を呼ばれると返事をしたり、保育者の言葉の真似したりして発語しようとする。
  • 紙を破ったりシールを貼ったりし、指先を使って進める遊びを楽しむ。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 嫌いな食べ物にも興味を持てるように、保育者が美味しそうに食べる姿を見せたり友達が食べる姿を褒めたりする。
  • スプーンを使ってうまく食べ進められない時には、スプーンにおかずをのせて口まで運びやすくするなど必要に応じて援助し、少しずつ使って食べる喜びを感じられるようにする。
  • おまるに座ることを嫌がる子どももいるが、焦らず一人ひとりの様子に合わせて少しずつ興味が持てるように声をかけてく。
  • 異年齢児と関わる際には安全面に特に注意し、他学年の職員ともよく連携をとるようにする。また、年長児などのダイナミックな動きに圧倒されて怖がらないよう、ゆったりした空間で楽しい雰囲気を作れるように配慮する。

教育(遊び)

  • トンネルくぐりなど探索活動の準備の際には、周囲に危険なものがないかよく注意して環境を整え、安全に遊びを進められるようにする。
  • マットの上など安定しない場所は保育者が子どもの手を取り、転倒しないように配慮しておく。
  • 紙を破って遊ぶ際には、手に擦り傷ができないよう柔らかい紙を準備する。
  • 「ばあ」「はい」「ね」など簡単な言葉が繰り返し出てくる絵本を準備し、子どもが真似して発語しやすいようにする。
  • 音楽に合わせて身体を動かしていれば、保育者も一緒に身体を揺らし、楽しい雰囲気が味わえるようにする。また必要に応じてスキンシップを取り、人と関わる楽しさを味わえるようにしていく。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • 上手に歩けるようになってくると走ることも楽しくなってくる時期。身体を動かして遊ぶ際には一人ひとりの発達も踏まえ、子ども同士がぶつかって転倒することのないよう注意する。
  • まだまだ体温の調節が難しいため、戸外で遊ぶ際には長時間遊ぶことを控えるなど、体調管理の意識も持つ。
  • 感染症なども流行りやすいため、少量の嘔吐でも甘く考えず、体調の変化を見落とさないように気をつける。
  • 豆まきの際には誤って誤飲することがないよう、よく注意する。

行事

  • 節分(豆まき)
  • 身体測定
  • 誕生日会
  • 避難訓練

食育

  • スプーンやフォークに興味を持ち、使ってみようとする。
  • 「いただきます」や「ごちそうさま」の言葉を真似したり自分なりのしぐさで表現する。
  • 嫌いなものを嫌がって食べない時には、必要に応じて声をかけ、少しでも食べてみようとする。
  • 豆まきに参加し、食材に興味を示す。

自己評価

  • 豆まきに安全に参加し、雰囲気を楽しみ食材に興味を持つことができたか。
  • 異年齢児と関わりを持ち、いろんな友達と関わることができたか。
  • 食事の際には意欲的に食べ、時にはスプーンなどを使ってみることができたか。
  • 戸外で過ごすことも喜び、機嫌よく遊ぶことができたか。
  • つかまり立ちやハイハイをして探索遊びを楽しみ、存分に身体を動かすことができたか。
  • 着替えや排泄の際には自分でやってみようとする気持ちを子どもが持てていたか。

【7月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.