【6月】月案・週案の文例【5歳児】

今月の保育のポイント

  • 梅雨時期の自然の不思議や今までの経験から、子どもの気づきを拾い「今日は雨ふりそうだね」など共有しながら興味関心を寄せていき、保育を子ども達と進めていく。
  • クラスでルールのある遊びに挑戦し、色んな友達と関わって遊ぶ楽しさや友達の個性に気づく。
  • 手の込んだ用意のおままごとや、作りかけの大作を、続きができるように残しておき、すぐに続きが遊べるようにまとめてカゴに入れるなどする。
  • 梅雨時期の生き物や自然を自分で追及できるように、保育室の棚に図鑑や本を選び出して並べておく。
  • 保育者と子どもで困ったことやトラブルを話し合い、どうすればいいかをクラス全体で考えていき、子どもが雨の日の滑りやすい廊下、他の友達の気持ちを知れる機会を作っていく。

>>今月のポイントをもっと詳しく

月のねらい

  • 友達との関わりを深め、自分の思いを伝えたり、相手の話を聞こうとする。
  • 梅雨の自然を知り、天気の変化や雲動きなどに興味を持つ。
  • 当番活動の流れを覚え、友達と協力しながら行おうとする。
  • ルールを守りながら友達と楽しさを味わう。
  • 虫歯予防デーを通して、歯の大切にしようとする気持ちを持つ。

週のねらい

1週目:虫歯予防デーを知り、歯の大切さに関心を持つ。

2週目:ルールのある遊びを友達と一緒に楽しむ。

3週目:梅雨の自然に興味を持ち、自然の不思議さを感じたり雲の動きを観察したりする。

4週目:衣類や用品、玩具などの身の回りのものを大切に扱う。

前月末の子どもの姿

養護(生活)

  • 連休明けでも元気に登園し、安定して過ごす子どもが多くいる。
  • 手洗いうがいなども自発的に行う子がおり、手洗いうがいを忘れていた子は友達の姿を見て気づき、自ら行う姿が見られる。
  • 暖かい日には長袖を着脱し、自分で衣類の調節ができる子どももいれば、汗をかいても気づかずに遊びに夢中の子どももいる。
  • 年下の友達との関わりを喜び、困っていると手伝いに行ったり一緒に遊びに誘ったりすることもある。
  • 春の自然に興味を持ち、生き物を触ったり花の匂いを嗅いだりする姿が見られる。
  • 夏野菜を育て始め、野菜に興味を持ったことから、嫌いなものも食べてみようとする姿が見られるようになった子どもがいる。

 

教育(遊び)

  • 遊びや活動を通して新しい友達との関わりが増え、様々な友達と遊ぶ姿が見られるようになってきている。一方で、なかなか心を開けず、時には一人遊びを好む子どももいる。
  • ピアニカや太鼓などの楽器には非常に興味を持ち、自由遊びの際には自ら触って音を楽しむ子どもがいる。
  • 思ったことを素直に表現できる子どももいれば、恥ずかしくて人前ではなかなか喋れなくなってしまう子どももいる。
  • 絵の具やハサミなどの使い方にも少しずつ慣れ、丁寧に扱おうとする姿もあるが、使い慣れてきてつい雑に扱ってしまう姿も見られる。
  • 自分たちで植えた夏野菜の様子を気にかけ、友達同士で声を掛け合いながら当番の子どもが必ず水やりを行えている。

活動内容

養護(生活)

  • 暑い日には衣類の調節だけでなく、水分補給も自ら行なおうとする。
  • 自分の身の回りのものや園のものを大切に扱う。
  • 梅雨を通して雲の動きや雨上がりの様子などに興味を持つ。
  • 夏野菜を育て、植物の成長や変化に気づく。
  • 虫歯予防デーを通して歯の健康に関心を持ち、歯を大切にする気持ちを持つ。

教育(遊び)

  • 相手の話に興味を持ち、話を聞こうとする。
  • 自分の気持ちを言葉で伝え、考えを受け入れてもらう嬉しさを味わう。
  • 自分なりに工夫しながらイメージを実現し、そのものらしく作って遊ぶ。
  • 様々な友達と関わって遊び、新しい友達とも一緒に遊ぶ楽しさを味わう。
  • ルールを守りながら友達と遊びを楽しむ。

環境構成と援助

養護(生活)

  • 蒸し暑い日も次第に増えてくる時期。衣類の調節による体調管理だけでなく、水分補給など夏に向けても大切なことを子どもに伝えるようにする。
  • 生活の流れに慣れ、身の回りのものをつい雑に扱ってしまうこともある。ものを丁寧に扱う気持ちが育つように、繰り返し扱い方を伝えていく。
  • 梅雨の自然に興味が持てるよう、分かりやすい絵本やパネルシアターなどを準備する。また、空に関する図鑑などを準備しておくことで、雨だけでなく雲の様子などにも興味を持てるように環境作りを行う。
  • 虫歯予防デーには正しい歯の磨き方を伝え、改めて歯の磨き方が確認できるようにする。

教育(遊び)

  • 子どもが言葉で気持ちを表現できた際にはたくさん褒め、言葉で伝える嬉しさが味わえるようにしていく。また、きちんと表現できなくても言葉にしようとする姿を認め、表現しようとする意欲が落ちないように援助していく。
  • 廃材などを使って、イメージしたものや作りたいものを具体的に作り上げていく楽しさが味わえるように援助を行う。その際にはアイティアを出しすぎたりしないよう注意し、子ども自身が想像力を膨らせることができるようにする。
  • ルールのある遊びでは、始めにルールをみんなで確認することに加え、遊んでいく中でも繰り返し伝えることで、全員が共通したルールを理解できるように配慮する。

健康、安全面で配慮すべき事項

  • 梅雨に入り、再び肌寒い日が増えてくる時期。気候に合った服装をしているかなど注意して様子を見ていく。
  • 暑い日には水分をきちんととれているか気にかけ、あまり水分をとらない子には個別に声掛けを行なっていく。

行事

  • 虫歯予防デー
  • 歯科検診
  • 保育参観
  • 避難訓練
  • 誕生会
  • 身体測定
  • 個人面談
  • 高齢者施設訪問

食育

  • 様々な食べ物が出てくる絵本や紙芝居を用意し、どんな食べ物がどのように身体を作っているのかに興味関心を持つ。
  • 食べこぼしに気をつけたり、お箸を正しく使ってみたりしようとする。
  • 食べる時の姿勢にも気をつけながら、友達と楽しく食事を進める。

地域と家庭との連携

  • 梅雨に入り、気温差が再び出てくる時期。体温調節しやすい服装を呼びかけ、子どもが自分で着脱しやすいものを準備してもらうようお願いする。また、子どもと一緒に準備することで、自己管理の意識が持てるようにしてもらう。
  • 虫歯予防デーにちなみ、改めて家庭でも歯磨きの仕方を確認してもらえるようお願いする。

自己評価

  • 新しい友達とも関わりながら一緒に遊ぶことを楽しめていたか。
  • ルールのある遊びでは全員でルールを理解しながら、楽しく遊ぶことができていたか。
  • 当番活動では、自ら率先して行なったり友達と声を掛けあったりする姿が見られたか。
  • 身の回りのものを大切に扱おうとする姿は見られたか。
  • 自分の気持ちを言葉で表現し、受け止めてもらう充実感や嬉しさを感じることができていたか。
  • 粘土遊びや廃材工作などを通して、イメージしたものを実際に作って遊ぶことを楽しめたか。
  • 相手の話を聞こうとできていたか。
  • 虫歯予防デーを通して歯を大切にしようとする気持ちが持てていたか。

【転職サービス、はじめました】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 手書きの履歴書不要!
  • 電話番号の登録不要!
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

友だち追加

-月案・週案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.