【4月】個人案の文例【0歳児】

>>4月0歳児の月案はこちらから

子どもの姿

低月齢・・・0歳1ヵ月~0歳4ヵ月

  • あやすと喜び、嬉しそうに笑ったり、「あー」「うー」と声を出している。
  • まわりの物に興味を示し、目の前で動くものを目で追うようになる。
  • ミルクを飲む量が日によって異なる飲みむらがある。
  • 保育園の雰囲気に慣れず、小さな物音でも起きてしまう。

中月齢・・・0歳5ヵ月~0歳8ヵ月

  • 人見知りをして、保護者から離れると泣いている。
  • 首が座ったり、寝返りができるようになる。
  • 離乳食では、スプーンを口元に近づけるとこぼさずに食べている。
  • おんぶをすると安心して寝ている。

高月齢・・・0歳9ヵ月~1歳0ヵ月

  • つかまり立ちや伝い歩きをするようになる。
  • 新しい環境に戸惑い、ミルクをあまり飲もうとしない。
  • 食べたい物を手づかみで食べようとする。
  • お昼寝の時間になると泣いてしまうが、保育者が抱っこをすると落ち着く。

ねらいと内容

低月齢・・・0歳1ヵ月~0歳4ヵ月

  • 喃語を使って保育者とスキンシップをとり、応答的な関わりを心地よく感じる。
  • 様々な人や物に興味を示し、手を伸ばしたり目で追ったりして楽しむ。
  • 保育者の腕の中で安心してミルクを飲む。

中月齢・・・0歳5ヵ月~0歳8ヵ月

  • 特定の保育者と関わることで、保育園が安心できる場所だという事を感じる。
  • 欲しい玩具に手を伸ばしたり、広い空間で寝返りなどをして体を動かす心地よさを感じる。
  • おかゆやスープの味に慣れ、少しずつ食べる量を増やしていく。

高月齢・・・0歳9ヵ月~1歳0ヵ月

  • 新しい環境に慣れ、安心して部屋の中を探索して遊ぶ。
  • ミルクは哺乳瓶やスプーンを使い、ゆったりとした環境の中で飲む。
  • 自分が食べたいと思った物に手を伸ばし、手づかみで意欲的に食べる。

環境構成と保育者の配慮

低月齢・・・0歳1ヵ月~0歳4ヵ月

  • 機嫌よく声を出していたら同じように繰り返したり、「なあに?」などと応答的に関わる。
  • ミルクは本児のペースで、ゆったりと満足するまで与えるようにする。
  • 起きている時は、特定の保育者との関わりを大切にしながら、目や耳で心地よい刺激を感じられるように玩具を用意する。

中月齢・・・0歳5ヵ月~0歳8ヵ月

  • 保護者と離れて泣いている時は「大丈夫だよ」と優しく言葉を掛けたり、ほほえみ、歌を歌ったりと沢山スキンシップをとる。
  • 寝返りなど動きが活発になってきたら、壁にぶつかったり、変な体勢にならないように注意して見守る。
  • 離乳食は本児のペースで、ゆっくり進める。落ち着いた環境で食べられるよう一対一の対応を心掛ける。離乳食の後、ミルクは欲しがるだけの量を与える。

高月齢・・・0歳9ヵ月~1歳0ヵ月

  • 部屋の中に危険な物は無いか、転んでも怪我をしないかを確認し、安全に伝い歩きなどが出来る環境を用意する。
  • 家での授乳の様子を聞いて、園でも似た環境を作るなど、安心してミルクが飲めるような工夫をする。
  • 離乳食は、手づかみで食べられるようなメニューを用意し、自分で食べたい気持ちを満たせるようにする

自己評価のポイント

  • 一人ひとりの家庭での生活リズムを把握し、無理なく園生活に移行することができたか。
  • 特定の保育者が関わり、子どもが安心して生活できる環境を整えることができたか。
  • 調理師と連携をとり、一人ひとりに合わせた離乳食の提供ができたか。(主に中・高月齢)

>>4月0歳児の月案はこちらから

【9月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-個人案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.