\元保育士が立ち上げました/

「仕事行きたくない」の気持ちは悪じゃない【はなうたの週間保育士コラム】

はなうたってだーれ?

保育士歴10数年、現在は小規模保育園勤務。子どもも先生たちも笑顔でいられる環境をつくる!をモットーに日々過ごしています。

それでは、今週のコラムをお楽しみください♪

=====

こんにちは、はなうたです。

あっという間にGWが終わってしまいましたね。どんな連休を過ごしましたか?

私はコロナワクチン3回目を接種し、副反応を乗り越えるため安静に過ごしました。連休中は普段より心に余裕があるので、ストレッチや筋トレの習慣化計画、食生活を見直したりと生活改善にも努めのんびりと…。

好きなことをして過ごしていると、『あー、連休っていいなー。仕事行きたくないなー。』と思ってしまうのは当然のこと。でも、その『行きたくない』の程度は人によって様々だと思います。

今回のコラムでは実体験から“その『仕事行きたくない』は黄色信号!”についてお話しさせていただきたいと思います。

①連休中は持ち帰り仕事をしましたか?

昔の私は休みの日も仕事をするものだと勘違いしていました。そうでもしないと終わらないからです。

でも、そんなことをしていると、上手くリフレッシュできずずーっと仕事脳。疲れが取れず心身ともにボロボロになってしまいました。

もし、あなたが持ち帰って仕事をしなければならない状況に陥っているのだとしたら、その仕事量は限界を超えています。要注意です。

②休み中、好きなことを思いっきり楽しめましたか?

ストレスがたまり過ぎると、好きだったことに興味が持てなくなります。大好きな食べ物を美味しく感じない。大好きなゲームなのにやる気にならない、などなど。

それは心と体が疲れ切っている証拠です。その原因が仕事なのだとしたら、ちょっと危険。その内体に症状が出始める可能性もあります。

私は実際に急に涙が止まらなくなる、ご飯が食べられなくなる、眠れなくなる、などの症状が出てきました。そこまでいってしまうと立ち直るまでに時間がかかってしまいます。

そうなる前に自分の中のSOSに気付き、自分を守ることが大切だと思うのです。

そして、私は『年度途中の退職は悪ではない』ということを、声を大にして伝え続けたい。

無理をしたり、頑張り過ぎることは長く続きません。いつか必ず限界が来ます。限界とは、心や体が壊れてしまうこと。そうなってからでは遅いのだと、私は何度も経験してきました。

仕事でお金を得ることの対価は、心身を削ってまで働くことではありません。

子どもたちの笑顔を守るためには、身近な大人たちである保育士さんたちの幸せが不可欠です。

辛いという気持ちから目をそらさず、向き合っていいんです。この先、いざとなったら「辞めたっていいんだ!」の気持ちを持って、あなた自身を一番大切に考えてあげてくださいね。

さて、連休明けの1週間、全力投球!ではなく、8割程度の力で、ぼちぼちいきましょう♪

先週のコラムはこちらからどうぞ♪

GWにオススメ!心のデトックスアニメ【はなうたの週間保育士コラム】

続きを見る

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日も笑顔あふれる1日になりますように☆

来週も、よろしくお願いします!

 

コラム一覧

はなうたのほっこりツイート

コラム更新のお知らせをLINEで受け取る!

友だち追加

 

【転職サービス、好評です】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!完全無料でお使いいただきます!

大きな特徴は次の3つです。

  • 保育士お悩みのプロが運営
  • 運営者は元保育士
  • あなたにあった求人を1から探します

一人ひとりにしっかりと寄り添い、転職のお手伝いをさせてもらいます。まずはクリックしてみてくださいね♪

 

-週間コラム

Copyright© ほいくのおまもり , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.