お散歩、それは保育士の仕事の魅力のひとつ【はなうたの週間保育士コラム】

はなうたってだーれ?

保育士歴10数年、現在は小規模保育園勤務。子どもも先生たちも笑顔でいられる環境をつくる!をモットーに日々過ごしています。

それでは、今週のコラムをお楽しみください♪

=====

こんにちは、はなうたです。

保育士は、毎日園庭や公園へ行って子どもたちと沢山遊びますよね。私が今勤めている小規模保育園は園庭がありません。なので、日中の活動は公園へ行くかお散歩をします。

私は今まで日中の活動といえばいつも公園。歩くだけのお散歩をしたことがありませんでした。なので今の保育園に来てから、お散歩の楽しさ、魅力をたっぷり知ることができたのでお伝えしたいなと思います。

お散歩をしたことがなかった頃の私は、正直“歩いているだけなんて、子どもたちは楽しいのかな?”と疑問に思っていました。が、実際に参加してみると、手をつないでのんびり歩きながら、自動販売機を見かけたら買う真似をしたり、電車が通ったら手を振ったり、工事現場でショベルカーを見たりと、身近にこんなにも沢山面白い物が散りばめられていたんだなぁと知ることができたのです。

お散歩をしていると、今まで行ったことのない場所に辿り着くことがあります。秘密基地みたいな場所、自然と触れ合える場所、遊ぶのにぴったりの場所に巡り会えた時の感動は測りしれません。子どもたちがのびのびと遊ぶ姿、「楽しいね!」と笑う顔。それを見ているだけで幸せだなぁと感じるのです。

また、子どもたちを介して、地域の人たちと触れ合う機会も多くあります。たまたま通りかかったお店の人に挨拶をしたら「ちょっと見ていく?」と、お店の中を見学させてくれたり、動物を飼っているお家を通った時は、間近で動物を見せてくれることもありました。

人と人との関係が希薄になりつつある現代、こうやって地域の人たちとあたたかい交流ができるのはとても素敵なことだなと感じます。保育士をやっててよかったなと思えることの1つですね。

「日中沢山身体を動かして、沢山お昼寝をしてほしい!」そんな想いから、活動を考える時に体の満足度ばかりを優先していませんか?子どもが満足するのは運動だけではありません。視覚や聴覚、指先の感覚、肌などからも沢山の刺激を受けて吸収しています。なので、五感を刺激できるような体験が沢山出来るといいですね。

様々な体験を通して、子どもたちが心も体も満足できるような活動を日々考えていきたいなと思った秋の日でした。

過ごしやすい季節になってきました。これからどんどん戸外活動が活発になっていくと思います。忙しさから、ついつい保育に夢中になってしまうかもしれませんが、時には深呼吸しながら、周りの自然に目を向けて、子どもたちと一緒に楽しみながら日々を過ごしていきましょう。

先週のコラムはこちらからどうぞ♪

経験5年で「園長やらない?」と言われたら【はなうたの週間保育士コラム】

続きを見る


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日も笑顔あふれる1日になりますように☆

来週も、よろしくお願いします!

 

コラム一覧

はなうたのほっこりツイート

コラム更新のお知らせをLINEで受け取る!

友だち追加

 

【転職サービス、好評です】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 保育士お悩みのプロが運営
  • 運営者は元保育士
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

-週間コラム

Copyright© ほいくのおまもり , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.