職場の“小さな違和感”に向き合おう【はなうたの週間保育士コラム】

2021年8月16日

はなうたってだーれ?

保育士歴10数年、現在は小規模保育園勤務。子どもも先生たちも笑顔でいられる環境をつくる!をモットーに日々過ごしています。

それでは、今週のコラムをお楽しみください♪

=====

こんにちは、はなうたです。

あなたは働く環境にどんなことを求めますか?私は、“サービス残業・持ち帰り仕事無し”、“休憩が1時間取れる”などの待遇に魅力を感じ、今の職場に転職しました。実際に働いてみると、働きやすさは申し分ありません。ただ、1つ問題なのは…“保育の質”の部分でした。

入職してすぐに色んな部分に違和感は感じていました。でも、やっと見つけた働きやすい職場。私は見ないふりをしたり、「大した問題じゃない!」と、自分に言い聞かせて過ごしていました。

でも、最初に感じた違和感は消えることはないんですよね。どんどん大きくなるんです。そしてモヤモヤした気持ちも大きくなっていく。そうなってしまったら止められない。「あれもこれも無理!」と、嫌なところばかりが目につくようになってしまいました。

仕事に行くのが憂鬱になってきたある日、ある先生から小声でこう言われました。「先生は、〇〇(私が保育の部分で疑問に思っていた内容)ってどう思う?」と。私以外にも保育に対して疑問に思っている先生がいるんだ!と気付いた瞬間でした。私がその先生の意見に賛同すると、「やっぱりそうだよね…。今日、みんなにちょっと提案してみるね。」と言い、言い出しにくい事をみんなの前で提案してくれたんです。その場では意見を否定する人もおらず、問題に感じていた保育の部分の1つが解決に向かいました。私はその先生の勇気に励まされた想いでした。

今まで働いてきた職場では、おかしいと思ったことを上司や先輩の先生に意見すると嫌な顔をされたり、受け入れてもらえず肩身の狭い思いをすることが多かった私。そんな経験から、段々と口を閉ざすようになっていきました。

でも、今回は同じ想いを持っている人がいる。そのことに勇気をもらい、私も1つ、みんなの前で提案をしてみることにしました。職員の働きやすさを追求する職場なので、あまり良い顔はされませんでしたが、ひとまずやってみよう!という方向に持っていくことができました。

言いたいことを我慢して働く。それは一見協調性があり、上手くやれているように見えるかもしれません。でも、我慢できる日々は長くは続きません。自分の心もモヤモヤした気持ちに蝕まれていきますし、不適切な環境に“慣れ”てしまう恐れもあります。

どうしても変えられない環境なら転職も有りだと私は思います。ですが、他の部分で今の職場に魅力を感じていて、長く勤めたいと感じているのだとしたら、少しずつ“我慢”や“違和感”を減らして、気持ちよく働けるといいですよね。

先週のコラムはこちらからどうぞ♪

あなたの保育は“楽”?それとも“楽しい”ですか?【はなうたの週間保育士コラム】

続きを見る


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日も笑顔あふれる1日になりますように☆

来週も、よろしくお願いします!

 

コラム一覧

はなうたのほっこりツイート

コラム更新のお知らせをLINEで受け取る!

友だち追加

 

【転職サービス、好評です】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 保育士お悩みのプロが運営
  • 運営者は元保育士
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

-週間コラム

Copyright© ほいくのおまもり , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.