忙しい年度末こそ、子どもとのかけがえのない時間を大切に【はなうたの週間保育士コラム】

2021年3月29日

はなうたってだーれ?

保育士歴10数年、現在は小規模保育園勤務。子どもも先生たちも笑顔でいられる環境をつくる!をモットーに日々過ごしています。

それでは、今週のコラムをお楽しみください♪

=====

こんにちは、はなうたです。

先週はポカポカと暖かい日が続き、たっぷり戸外遊びを楽しみました。そんなある日公園へ行く道で、とっても素敵なやりとりがありました。

0歳児の子どもたちが乗ったバギーを押しながら工事現場を通った時、作業員のお兄さんが「動かしてあげようか?」と声を掛けてくれ、なんとショベルカーを動かして見せてくれたんです!間近で見る働く車に釘付けになる子どもたち。とても貴重であたたかい出来事でした。

保育士の仕事をしていると、このようなほっこりする人と人とのやり取りに出会うことがあります。改めて尊い仕事だと感じた瞬間でした。

さて、桜も満開を迎え、今年度もあと残り2日となりました。来年度も持ち上がりで担任を持つ先生、今のクラスの子どもたちと離れる先生と、置かれた立場によって今の気持ちは様々だと思います。私は子どもたちと離れる立場なので寂しさ混じる年度末です。

1年間、色んなことがありました。初めての担当制での0歳児担任。担当制の難しさを感じて悩むこともありましたが、一人ひとりの子どもとじっくり関われる環境で保育が出来ることが幸せでした。最初は少し苦手でギクシャクしていたペアの先生。気持ちがすれ違うこともありましたが、相手の思いを受け入れながら、自分の気持ちを伝え続け、今では大好きな先生です。

年度末は今のクラスで過ごせる最後の時間。なのに、一年で一番忙しいと言っても過言ではありません。今年度の書類をまとめたり、製作帳綴り。そして来年度の準備もしなくてはなりません。やることが山積みで大忙し。でも本当は、子どもたちと居られる最後の時間をもっともっと大切に過ごしたいですよね。

「こんなことができるようになったんだね」「4月はあんなに泣いてたのに、好きなことが沢山増えたね」と、もっと子どもたちの成長を振り返りたい。出来る事なら最後の日までは目の前にいる子どもたちのことだけを考えていたい。

大人の気持ちがバタバタしていたら子どもにも伝わりますよね。4月から新しい場所へ行く子どもたちが不安になってしまうかもしれない。だからこそ、私たち大人がいつも通り穏やかに、「大丈夫だよ。どこに行ってもみんなあなたのことが大好きだよ。」といっぱい抱きしめ伝えてあげたい。そうやって過ごせたらもっと年度末が好きになれるのになぁ。なんて思ったりします。

保育士の皆さん、1年間お疲れ様でした。あなたにとってどんな1年でしたか?辛いことがあっても、最後には「色々あったけど楽しかったな」そう思える1年でありますように。

先週のコラムはこちらからどうぞ♪

お散歩、それは保育士の仕事の魅力のひとつ【はなうたの週間保育士コラム】

続きを見る


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日も笑顔あふれる1日になりますように☆

来週も、よろしくお願いします!

 

コラム一覧

はなうたのほっこりツイート

コラム更新のお知らせをLINEで受け取る!

友だち追加

 

【転職サービス、好評です】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 保育士お悩みのプロが運営
  • 運営者は元保育士
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

-週間コラム

Copyright© ほいくのおまもり , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.