【デモページ|2月・4歳児】月案の文例【おまもりプラス】

2024年1月1日

無料版と有料版(🍀ほいくのおまもりプラス)の違い

次の9項目は無料版に加えて、有料版を2倍の分量、ご用意しています。このページでしか読むことができない完全オリジナルです。オリジナル文例があるものは、目次に『🍀』が付いています。

  • 月のねらい
  • 週のねらい
  • 前月末の子どもの姿
  • 活動内容(3つの視点対応)
  • 環境構成と援助
  • 健康、安全面で配慮すべき事項
  • 食育
  • 地域と家庭との連携
  • 自己評価

次の3項目は文例ではなく参考情報のため、無料版と有料版で違いはありません。

  • 今月の保育のポイント
  • 今月の製作・歌・絵本・手遊び・室内室外遊び
  • 行事
🔺について

ワンポイントアドバイスを🔺で示しています。保育の参考にしてみてくださいね。

💻月案PDFについて

無料版と有料版を一括で見ることができます。写しやすさを優先し、ワンポイントアドバイスは取り除いています。

🍀月案PDF🍀

今月の保育のポイント

  • 自分で出来ることは自分でやり遂げ、身の回りのことは手伝わなくても自分達でやろうとしている時期。できたことが次につながるよう、グループで何かをする経験を少しずつ取り入れ、5歳児クラスを見据えた保育を展開する。
  • それぞれの育ちが見える時期で、自分の好きなことや得意なことが明確に見えてくる時期。子どもの興味関心に合わせた共感の言葉かけや、できるできないではない、子どものやっていることに対する価値観を認める言葉かけが子どもの自尊心を育て、伸びる力になる。
  • 冬の寒さの中でも元気に友達と身体を動かして遊ぶ楽しさを経験していく。また、氷はどうやってできるのかなど、冬の自然の仕組みについても体験し、自然を味わえる環境を用意しておく。

> 今月の保育のポイントとスムーズに進めるコツ

🍀月のねらい🍀

無料版の文例
  • 冬に必要な生活習慣を身につけ、寒い中でも元気に過ごす。
  • 遊びや活動の中で自分の思いや考えを言葉で表現し、相手と気持ちの折り合いをつけようとする。
  • 冬ならではの自然に気付き、遊びに取り入れる。
  • 豆まきを通して日本の風習に触れ、由来にも関心を持つ。
  • 冬の季節を健康に過ごせるようにする。

🍀週のねらい🍀

無料版の文例

その1

  • 1週目:豆まきに参加し、豆まきの由来や日本の風習に興味関心を持つ(教育)
  • 2週目:寒い中でも元気に身体を動かして遊ぶ(教育)
  • 3週目:冬の自然に気づき、遊びに取り入れて遊ぶことを楽しむ(教育)
  • 4週目:遊びの中で友達と気持ちを言葉で伝え合い、折り合いをつけようとする(教育)

その2

  • 1週目:異年齢児との活動を通して、年下の友だちに対し思いやりの心を持って遊ぶ(教育)
  • 2週目:感染症が流行する時期なのでせっけんをしっかり使用して手洗いし、うがいも丁寧に行うように促す(養護)
  • 3週目:空気が乾燥しているので、自分で水分補給をしっかり行う(養護)
  • 4週目:冬から春にかけての自然事象に興味や関心を持ち遊びを楽しむ(教育)

その3

  • 1週目:節分の製作を友達と見せ合い、作品を認め合いながら豆まきに期待を持つ(教育)
  • 2週目:友達を誘ったり、誘われたりしながらルールのある遊びを楽しむ(教育)

🍀前月末の子どもの姿🍀

無料版の文例

養護(生活)

  • 友達に自分の気持ちを言葉で伝えようとする子どもが増えてきている。上手く伝えられない時には保育者に伝え、保育者に仲立ちしてもらいながら伝えようとする子どももいる。
  • 手洗いうがいなどの生活習慣を覚え、自ら率先して行う姿が見られる。(🔺雑に済ませる子もいます。たまに見ておき指導するようにしましょう。)
  • 厳しい寒さが続き、戸外遊びを嫌がる子がいたり、ポケットに手を入れて遊んだりする姿もある。
  • 地面や水が凍っているのに気付き、氷が割れる音や冷たい感触を楽しんでいる。

教育(遊び)

  • 友達と一緒にルールを守って遊べるようになり、みんなで遊ぶ楽しさを感じているが、楽しくなりすぎるとルールを忘れ、友達とトラブルが起きることもある。
  • コマ回しやけん玉などの伝統的な遊びを知り、できるようになるまで遊び込んでいる。
  • ごっこ遊びなどのイメージを共有して遊ぼうとするが、なかなかイメージできずに遊びに馴染めない子どももいる。お互いに見立てたものを説明したり聞いたりしながら、イベージが共有できるように子どもなりに工夫する姿がある。(🔺遊びに入らない子を無理に入れようとせず、その子が満足しているようであればそれを認めましょう。必ずしも皆と同じことをする必要はありません。)

養護(生活)

  • 友達と正月の挨拶を交わすことを楽しんでいた。
  • 体力がついてきたことで、室内遊びが続くと午睡をせずに過ごすことがあった。

🍀活動内容(五領域対応)/環境構成と援助🍀

『活動内容』と『環境構成と援助』の無料版と有料版の違い

有料版では、一層の見やすさ・使いやすさを考えて、『活動内容』と『環境構成と援助』を並べて表示しています。

例)1月0歳児の場合

  • 活:適切な休息、食事を摂り、心地よく過ごす。(健やか)
    環:年末年始休暇中の家庭での様子を共有し、休息や食事の時間を調整し、心地よく園生活を送れるようにする。機嫌や食欲に留意しながら体調の変化にすぐに対応できるようにする。
無料版の文例

養護(生活)

  • 活:手洗いうがいなどの生活習慣を身につけ、率先して行う。(健康)
    環:手洗いうがいを率先して行う姿をしっかりと認めるようにする。
  • 活:豆まきを通して日本の風習を知り、興味を持つ。(環境)
    環:行事に関して子どもの興味が湧くように、豆まきの由来を知れる絵本などを準備しておく。
    (🔺鬼に豆を投げる「豆まき」は盛り上がるイベント。以前から鬼が危害を加えないことも含めて、来ることを告知しておきましょう。)
  • 活:衣類の着脱を自ら行い、寒い中でも元気に過ごす。(健康)
    環:汗をかいたら上着を脱ぐ、寒いなと思ったら上着を着るなどの約束を事前に声をかけし、子どもが自分で気づいて衣類の着脱による体温調節を行えるように援助する。
    (🔺自分のこだわりで上着を着たくない等言う子もいます。一度は認めて、外が寒いことを子どもと確認して着せるようにするなど、子どもの決定を尊重することも大切です。)
  • 活:異年齢児と触れ合い、年長に優しくしてもらう嬉しさを感じ、年少児に優しく接しようとする。(人間関係)
    環:「自分より年下の子にはやさしく教えてあげようね」「年上の子の話もよく聞こうね」等、大まかにどう振舞えば良いかを先に話しておく。
    (🔺下の年齢の子と関わることで、ホッとすることもできます。癒しはどの年齢でも必要ですね。)
  • 活:手洗い、うがい等衛生管理に加え、自ら衣服の調節をするなど子ども自ら健康管理をする。(健康)
    環:手洗いうがいは保育者も一緒に丁寧に行う。補助の必要な部分は行動の意味を話しながら丁寧に寄り添う。
  • 活:保育者などに認めてもらい自信を深め、進級に向けて期待を持ちながら様々な活動に意欲的に取り組む。(健康・人間関係)
    環:出来ていること、出来るようになったことや子ども自身の頑張り、やろうとしていることを応援し、子どものやりたい方向性や思いを、ネガティブな気持ちも含めて読み取りながら肯定する。

教育(遊び)

  • 活:友達と一緒に遊びのイメージを共有し、お互いの気持ちを伝え合いながら楽しく遊ぶ。(言葉・人間関係)
    環:ごっこ遊びの中で「●○を作っているんだね」「これが○●なんだよね」などイメージしたものを必要に応じて相手に伝えながら、友達と一緒にイメージを膨らませて遊びを進められるように見守り時に援助できるようにする。
    (🔺どんな遊びでどんな材料に着目しているのかを観察し、環境を整えるのも良いですよ。(例:車で遊ぶのが好きならばコースを作れるように段ボールを用意するなど))
  • 活:活動や遊びの中でできないことがあっても諦めず、何度も繰り返し挑戦しようとする。(人間関係・健康)
    環:諦めない姿勢を認めたり、頑張っている姿を褒めるなど自信につながる声掛けをし、子ども同士でも認め合えるような空気をつくっていく。
    (🔺4歳児は協働して活動を作っていく時期です。保育者が決めた形だけが答えではなく、間違える、失敗からの子どもたちの世界も大切に。)
  • 活:氷や雪などの冬ならではの自然に触れ、遊びに取り入れる楽しさを味わう。(環境)
    環:落ち葉をケーキのトッピングに使用したり氷でかき氷を作るなど、遊びの中に冬の自然を取り入れて遊べるように提案したり一緒に考えたりしていく。
  • 活:劇遊びやダンスなどを通して、音楽に合わせて身体で表現することを楽しむ。(表現)
    環:セリフや動きは普段使う言いやすい短い言葉や動きやすい振り付けを中心に採用する。子どもたちが役になりきって楽しめるように保育者自ら参加して一緒に楽しい空気をつくる。
    (🔺得意不得意を感じてやりたくない子もいます。少しずつやってみてほめてみてを繰り返しましょう。)
  • 活:遊びや活動の中で友達と気持ちを伝え合い、自分の気持ちに折り合いをつける。(表現・言葉)
    環:友達とトラブルがあった際には言葉で伝え合い、お互いの気持ちに折り合いがつけられるように援助していく。
    (🔺お互いの言葉をぶつけ合うことは心の鎮静化にもつながります。すぐになだめるのではなく、言いたいことを言う時間も必要です。)
  • 活:友達や5歳児のしていることを真似てやってみようとし、繰り返し楽しむ。(人間関係・表現)
    環:5歳児には伝えにくいこともある場合、安心して伝えられるように保育者が横で一緒に見守る。クラス関わらず、子どもの面白いことや楽しそうなことを保育者も拾って拡散したり、みんなで遊べる楽しさの手伝いを行う。
  • 活:思いや考えを言葉で表現し、相手の話を聞き、理解と共有を経て行動する。(人間関係)
    環:子どもの思いが交差するときは一旦まとめて話を理解しやすいものにする。子どもの思いやイメージを受け、解決に向けて一緒に悩んだり、遊びの案を模索していく。
  • 活:心に残ったことや楽しかったことなどを絵画表現し、自分の思いを整理したり想像力を広げる。(環境・表現)
    環:なかなか筆が進まない子には、「何が楽しかった?」「どんなことをした?」「誰とした?」等、具体的な絵が頭に浮かぶように補助をする。完成ののちに、子どもが描いた絵を帰りの会などの場で発表するなど、自己完結で終わらないように構成を深める。
  • 活:地面や水が凍っていることに興味を持ち、調べたり考えたりしようとする。(環境)
    環:地面が凍っている感覚や氷に実際に触れられるように、水を張った氷などを前もって準備する。また、調べたり考えたりする機会を設ける。
    (🔺氷の中に落ち葉を入れる等の制作をしながら、氷が固まる不思議や原理について遊びながら深めていくことで、興味をもって関わるようになります。)
  • 活:寒さに負けず戸外で身体を動かし、友だちや保育者と好きな遊びを楽しむ。(健康・人間関係)
    環:保育者も先頭に立って遊びに参加する。寒さからかじっと動かない子にも集団遊びに誘うなどし、動く機会を提供する。
本登録をして
他の文例を見る

養護(生活)

  • 活:1日の生活に見通しを持ち、自分で気づいて行動する。(健康)
    環:1日の流れを絵や平仮名、数字等で示しておき、子どもが自分で確認して行動出来るような環境を作る。又、様子に応じて一緒に確認しながら、気付いて行動できるよう関わる。
  • 活:作った作品や行動等を認め合いながら自己肯定感を高めたり、仲間意識を深める。(人間関係)
    環:クラス全体の集まりで作品を発表したり、相手を思いやる姿や身の回りを清潔にしようとする姿等を知らせながら一人ひとりの自己を肯定する気持ちを育てたり、友達の良さに気付き認める気持ちに繋げる。
  • 活:生活に必要な挨拶が分かり、自ら挨拶をする。(健康・人間関係)
    環:「笑顔で挨拶してくれて嬉しいな」と姿を認め、挨拶をすることの心地よさを感じられるようにし、自然に挨拶が出来るよう繰り返し関わる。
  • 活:午睡時に眠くなくても休息を取る大切さを知り、落ち着いて体を休めようとする。(健康)
    環:休息の大切さについて絵や言葉等で伝え、眠れなくても体を休ませようとする気持ちに繋げる。
  • 活:給食室の先生に給食のメニューを聞き、給食を楽しみにする。(健康)
    環:感染症が流行していない時は給食室の先生とも交流を図り、食事に対する意欲や期待が高まるような機会を設ける。又、少しずつ食事を作ってくれる人への感謝の気持ちが芽生えるよう関わる。
  • 活:体を動かすと体が温まることに気付き、意欲的に体を動かして遊ぶ。(健康)
    環:保育者が一緒に体を動かす中で、体が温まることを共有したり、「暑くなってきた」と嬉しそうにする姿を受け止め、寒い季節の中でも意欲的に体を動かすことができるよう関わる。
  • 活:生活や遊びの中で発見したことを友達に伝え、共有する。(言葉・人間関係・環境)
    環:友達と発見を共有している姿を見守り、クラス全体にも発見したことを伝えることで皆で共有する喜びに繋げたり、身の回りに対する興味や関心が継続していくよう関わる。
  • 活:節分の知識を友達や保護者に教えたり、共有する。(環境・言葉)
    環:絵本や実物を用いながら由来について知らせ、理解に繋がるよう関わる。相手に伝える姿を見守りながら、知識を深められるよう関わる。

教育(遊び)

  • 活:ごっこ遊びに必要な物を考え、友達や保育者に相談しながら作ってみようとする。(言葉・表現)
    環:「~があるといいのに」「~ほしい」という言葉を受け止め、一緒に作ることを提案しながら、自分が作った物で遊ぶ楽しさやごっこ遊びの充実に繋げる。イメージが膨らむよう本や写真、様々な素材を用意しておく。
  • 活:文字を使う楽しさを味わう。(人間関係・表現)
    環:集中して書く姿を見守り、必要に応じて手を添えて一緒に書いたり、なぞれるように点線を書いたりしながら興味や意欲を丁寧に受け止める。文字を大いに褒めることで文字を使ってやりとりをする楽しさに繋げる。
  • 活:毛糸やお花紙の素材の特徴に気付き、工夫しながら製作することを楽しむ。(環境・表現)
    環:「長い」「薄くて破れそうになる」等の気付きや手指の力を調整しながら素材に触れたり、特徴を生かしながら製作する様子を大いに認め、素材を使った遊びを楽しめるようにする。
  • 活:ルールのある遊びで勝敗を繰り返しながら様々な気持ちを経験する中で相手の気持ちにも気付く。(人間関係)
    環:嬉しさや悔しさ等の気持ちに寄り添い受け止めていくことで、友達の思いにも気付き、共感したり思いやる気持ちに繋げる。
  • 活:物語に親しみを持ち、主人公の気持ちを考えたり、想像することを楽しむ。(環境)
    環:落ち着いた環境の中で読み聞かせし、物語に集中出来るようにする。感じたことに共感し、自由に想像する楽しさを感じられるようにする。又、友達の違った想像を聞く中で様々な発想に気付けるようにする。
  • 活:跳び箱や縄跳び等で意欲的に遊び、体を動かすことの喜びや自信を感じる。(健康)
    環:一緒に段数や回数を数えながら、以前より出来ることが増え成長していることが実感出来るように関わり、体を動かす自信や楽しさに繋げる。
  • 活:ブロックや粘土等で自分がイメージした物を形にすることを楽しむ。(表現)
    環:集中して遊ぶ姿を中断することなく見守り、遊びに区切りがついた時に大いに認め、集中力や創造力に繋げる。
  • 活:立春について知り、気温や風の温度の変化、花の蕾等に気付き、季節の移り変わりを感じる。(環境)
    環:「寒い冬が終わって少しずつ春になっていくよ」と立春について知らせ、春を想像しながら、遊びの中で小さな春を見つけられるように働きかける。
本登録をして
他の文例を見る

そもそも五領域って・・・?

五領域とは「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5つの領域を指します。

  • 健康: 心身の健康に関する領域
  • 人間関係: 人との関わりに関する領域
  • 環境: 身近な環境との関わりに関する領域
  • 言葉: 言葉の獲得に関する領域
  • 表現: 感性と表現に関する領域

保育所保育指針、幼稚園教育要領の中の「ねらい及び内容」で示されている、とても大切な考え方です。この五領域に基づいて月案が作成され、日々の保育も行なわれます。

参照元:厚生労働省|保育所保育指針

参照元:文部科学省|幼稚園教育要領

🍀健康、安全面で配慮すべき事項🍀

無料版の文例
  • 感染症が流行りやすい時期であるため、一人ひとりの小さな体調の変化に気付けるよう注意してみていく。
  • 子ども自ら衣類の着脱を行う姿が見られるが、遊びに夢中で汗をかいているのに気づいていないこともある。必要に応じて声をかけ、意識できるようにする。
  • 手を洗った後、すぐに手を拭かないで廊下に水を垂らしてしまう子どももいる。廊下が濡れたり手が冷えたりすることを伝え、きちんと手を拭くなどの細かなことも伝えるようにする。

    💡     

    手を洗った後はパッパッ。水滴を落とすことを習慣化してみましょう。
  • 固定遊具付近の霜や氷、屋根上の積雪等を確認しておき安全な環境を整える。

今月の製作・歌・絵本・手遊び・室内室外遊び

製作

  • 鬼のかざり製作
  • 鬼の顔de豆入れ
  • コロコロおもちゃ

この他、【冬の自然】や【行事】の製作を『マジック、スタンプ、毛糸』等、色々な素材と手法でご紹介!

> 製作&型紙はコチラ♪

  • たのしいね
  • ウンパッパ
  • ゆかいに あるけば

> その他の歌はコチラ♪

絵本

  • まゆとおに ーやまんばのむすめ まゆのおはなしー
  • ゆきがやんだら
  • マトリョーシカちゃん

> その他の絵本はコチラ♪

手遊び

  • 大きくなったら何になる
  • おにのパンツ
  • せんせいとおともだち

> その他の手遊びはコチラ♪

室内室外遊び

  • 手つなぎ鬼
  • 色鬼
  • 氷で遊ぼう

> 遊びの詳細はコチラ♪

行事

  • 誕生日会
  • 避難訓練
  • 身体測定
  • 節分(豆まき)(2月初旬)
  • 建国記念日(2月11日)
  • バレンタインデー(2月14日)
  • 猫の日(2月22日)
  • 天皇誕生日(2月23日)

> 行事の詳細や子どもへの伝え方はコチラ♪

🍀食育🍀

無料版の文例
  • 豆まきを通して日本の風習を知り、食文化に興味関心を持つ。
  • 食事のマナーを覚え、姿勢やスプーンの持ち方など自ら正そうとする。
  • 食べこぼしてしまったものを拾うなど、自分の周りを綺麗にしながら食事を進めようとする。
  • 体を温める食材を知り、意欲的に食べる。

🍀地域と家庭との連携🍀

無料版の文例
  • 冬の健康的な習慣が身につくように、手洗いうがいや衣服の調節など家庭でも子ども自身が行えるように協力をお願いする。
  • 行事のねらいや取り組みの過程などを伝え、当日の様子を写真やお便りで見てもらうことで子どもの成長を感じてもらえるようにする。
  • 身支度や片付け手伝いを通して、子ども自身が成長を感じられるように十分に褒めて自信を持てる声かけの大切さを伝えて、家庭でも協力して貰えるようにお願いをする。
  • 進級に向けての疑問や不安なこと等を丁寧に受け止めて返答したり、成長しているところを共有していくことで安心感に繋げる。

🍀自己評価🍀

無料版の文例
  • 友達と一緒に遊ぶ中で、自分の気持ちを言葉で相手に伝えることができたか。
  • ルールを守りながら遊び、友達と話し合いながら遊ぶ楽しさを感じることができたか。
  • 寒い中でも戸外遊びを楽しみ、思いっきり身体を動かして遊ぶことができたか。
  • 氷などに触れる機会を持ち、遊びに取り入れることができたか。
  • 友達と一緒にイメージを膨らませながら遊びを進める楽しさを味わえたか。
  • 一人ひとりの健康状態を把握し、体調の変化に迅速に対応できたか。

> その他の【月案・週案】を見る。

-Pデモ

Copyright© ほいくのおまもり , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.