ほいくのおまもり

保育士転職|辞めたい悩みに元保育士夫婦がアドバイス

派遣保育士の働き方!メリットとデメリット、登録派遣と紹介予定派遣の違いも説明します

更新日:

保育士におすすめの転職サイトを厳選して紹介!|口コミ・評判の良い5サイトはコレ!

こんにちは、うしさんくまさん(Twitter)です。

保育士としての仕事には魅力を感じている。

だけど、長時間労働はちょっとしんどい…そんな考え方から注目されているのが【派遣保育士】という働き方。

派遣保育士の働き方について、まるっと紹介していきますね。

派遣保育士ってなーに?

まずは派遣保育士について説明します。この図を御覧ください。

派遣保育士の仕組み

真ん中の下にいるのが派遣スタッフである、保育士のあなた。

あなたは保育園で仕事をします。

でも、雇用契約を結ぶのは派遣会社です。

そのため、派遣会社のスタッフとして働くことになります。

日々の保育(仕事)の指示は保育園から受けるのですが、あくまで雇用主は派遣会社。

お給料も保育園が派遣会社に料金を支払い、その料金から派遣会社はあなたにお給料を支払うという仕組みです。

派遣保育士のメリットとデメリット

ただ、派遣と聞くとネガティブなイメージをもつ人もいるかもしれません。

ここでは、メリットとデメリットを細かく見ていきましょう!

メリット1:柔軟な働き方ができる!

なんといっても派遣の大きな魅力がこれ!

保育の仕事は好きだけど、シフト勤務で朝から晩まで拘束されるのは耐えられない…。

そんなときに派遣スタッフであれば、

  • 午前中だけ働きたい
  • 週3日だけ働きたい
  • 3ヶ月だけ働きたい

といったわがままな希望も派遣会社に伝えれば、その条件にあったところをみつけてきてくれるんです!

例えばパート保育士であっても、自分の細かい都合とぴったり合う保育園を探すのは至難の業。

でも、派遣保育士であれば条件を伝えればOKなんですね!

メリット2:派遣会社が間に入ってくれる!

保育士の退職・離職理由で常に上位に入ってくるのが人間関係。

特に園長、上司や先輩からいじめられる…というものが多いです。

また、いじめではないけれど、サービス残業をかなりやらされる…なんてことも。

そんなときに、間に入ってくれる人がいたらとても助かる!と思いませんか?

最初に派遣の仕組みでもお伝えしましたが、あなたは保育園で仕事をしているものの、雇用は派遣会社と結びます。

そのため、雇用についての問題(いじめ、パワハラ、サービス残業など)があれば、派遣会社が間に入って問題解決してくれます。

言いくるめられて泣き寝入り…なんてことがないんです!!

メリット3:見学以上に保育園のことがわかる!

これはこのあとに紹介する「紹介予定派遣」のところに関わってきます。

派遣保育士として働くということは、見学より何より、一番身近で仕事内容を見ることが出来ます。

当然、そこで働けば自分の保育観に合う、合わないなんてこともわかるわけです。

そのため、実際に働いてみて、それを踏まえてもっと長く働くか決めよう!ということができるんですね。

逆にいえばちょっと働いてみたけど、この園は合わない…と思ったら派遣会社と相談の上で見切りをつけることができる。

いずれにしろ、見学以上にその園のことがわかる!んです。

デメリット1:あくまで派遣、という見方をされることがある

これはすべての保育園で、というわけではありません。

そういう保育園もある、くらいに考えておいて下さい。

派遣保育士であっても、子どもの命を預かる保育士であること変わりありません。

変わりないのですが、それでも中には「しょせんそのうちいなくなる派遣でしょ?」という味方をする人がいます。

ただ、こういう人はパート保育士にしろ、自分より後から入った保育士にしろ、そうやって順位付けする人だということ。

ということは、こういう保育士がいる保育園には入らないほうがいい、という判断材料になります。

こういう人に遭遇したら「正社員(正職員)として入る前に気がつけて良かった!」くらいに思いたいですね。

派遣は2種類ある!登録派遣と紹介予定派遣

派遣保育士と一口にいっても、実は2つの種類があるんです。

ただ、2種類あるといっても、最初のところで話した派遣の仕組みには違いがありませんので、あまり難しく考えないで大丈夫です。

登録派遣

一般的な派遣です。

派遣会社に登録し、雇用契約を結びます。

あなたは派遣会社の派遣スタッフとして、さまざまな保育園で働くこととなります。

派遣期間が終了したら、また別の保育園で働きます。

紹介予定派遣

こちらも派遣の仕組みは同じです。

ただ【その先】が違います。

登録派遣では、期間が終わったら別の保育園へ。と書きました。

紹介予定派遣は、最初から「お互いが納得したらその保育園に正社員(正職員)として働きます」という約束をして派遣されます。

ただ、約束と言ってもあくまで「お互いが納得したら」ですから、合わないと思えば働く必要はありません。

そして最初から「お互い合えば…」ということで働き始めるので、見学よりももっと、その園の本当のところをよく見える、ということなんですね。

「本当は正社員として働きたい!でも、前の園で人間関係で悩んだから、しっかりと中を知ってから転職したい…」という人にうってつけの仕組みです。

まとめ

色々な働き方がでてきている中で、派遣保育士も日々注目を集めています。

そして、これからますます、派遣保育士は増えていくことになると思います。

保育という仕事は魅力的です。

魅力的なんですが、それでも給料の安さや残業の長さなど、気軽に働けない…という息苦しさがあります。

そんな中で柔軟な働き方ができる!となれば、注目されないわけがないと思うからです。

手軽に始められる派遣保育士、まずは登録をしてみましょう!

保育の求人は保育情報どっとこむ

▲▲ここをクリックです▲▲

  • この記事を書いた人

うしさん(夫)

サイト管理人夫婦の夫の方。保育士を3年勤めた後、営業や経理、自営業など幅広い仕事をして社会人14年目。異色な人生経験を少しでも役立てたいと思いから、2016年4月にこのサイト立ち上げました。3児の父でミニマリストの読書好きです。好きな言葉はLess is more.

-保育士の悩み

Copyright© ほいくのおまもり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.