【4月】個人案の文例【2歳児】

2020年3月2日

>>4月2歳児の月案はこちらから

子どもの姿

低月齢・・・2歳1ヵ月~2歳6ヵ月

  • 進級し、環境が変わったことで気持ちが不安定な様子が見られる。
  • 好きな遊びを見付けて、一人で遊び込んでいる。
  • 下駄箱やロッカーが変わっていることに戸惑いを感じている。

高月齢・・・2歳7ヵ月~3歳0ヵ月

  • 進級したことを喜び、身の回りのことを意欲的にやろうとしている。
  • ごっこ遊びを通して、簡単な言葉のやりとりを楽しんでいる。
  • スプーンを使って上手に食べている。
  • トイレに行くことを嫌がり、遊びを優先させようとする。

共通

  • 両親が外国人で、家庭では外国語を話しているため、日本語の理解がほとんどない。
  • 笑顔で登園する子どもや、泣きながら登園する子どもがいる。
  • 大人の様子をよく見て真似する様子が見られる。

ねらいと内容

低月齢・・・2歳1ヵ月~2歳6ヵ月

  • 進級したことを喜び、ゆったりとした環境の中で安心して過ごす。
  • 好きな遊びや好きな場所を見付けて、安心できる空間を確保する。
  • 保育者と一緒に下駄箱やロッカーを確認して、自分の場所が分かるようになる。

高月齢・・・2歳7ヵ月~3歳0ヵ月

  • 進級したことを喜び、身の回りのことを自分でやってみる。
  • 遊びを通して、保育者や他児と言葉のやりとりを楽しむ。
  • スプーンを使ってこぼさずに食べる。
  • トイレに行くことを習慣付け、スムーズにトイレに行けるようになる。

共通

  • ジェスチャーを使ったりして、保育者や他児とコミュニケーションをとる。
  • 新しい環境に慣れ、保育者や他児の顔や名前を覚える。
  • 保育者の真似から、色々なことに興味を持ち、やってみようとする。

環境構成と保育者の配慮

低月齢・・・2歳1ヵ月~2歳6ヵ月

  • 環境の変化による子どもの不安を受け止め、そばに寄り添い沢山スキンシップをとる。
  • まだ上手に喋れない子ども同士のトラブルには、保育者が仲介に入り、気持ちを代弁していく。
  • 自分のロッカーなどの場所が分かるように、一人ひとりに目印となるようなシールを貼るなど工夫する。

高月齢・・・2歳7ヵ月~3歳0ヵ月

  • お支度などは十分に時間をとり、子どもたちが自分のペースでゆっくり行えるように配慮する。
  • 複数の遊びを用意し、子どもたちが自分の好きな遊びを選び楽しめるよう準備をする。
  • 食事では、「スプーンの使い方が上手だね」「おいしいね」と言葉を掛けて楽しく食事ができるようにする。
  • 遊びたい子どもの気持ちを受け止め、トイレを無理強いするのではなく「じゃあ、これを作ったらトイレに行こうか」と、区切りを作って誘うようにしてみる。

共通

  • 日本語が理解出来ない子どもには、ゆっくりと喋ったり、身振り手振りで丁寧に伝えていく。写真や絵など、視覚で理解出来るような方法も活用する。
  • 環境の変化による不安な気持ちを受け止めて、泣いている時には抱きしめたり、個別の関わりができるように配慮をする。
  • 子どもが「やってみたい」と思った気持ちを大切にし、お手伝いを頼んだりして楽しく達成感を感じられるようにする。

自己評価のポイント

  • 在園児は前担任から一人ひとりの成長の様子を引き継ぎ、成長に応じた関わりができたか。
  • 新入園児には、不安を解消できるように個別の関わりをもつことができたか。
  • 時間に余裕のある活動計画を立て、子どものペースで過ごせるようにできたか。

>>4月2歳児の月案はこちらから

【転職サービス、はじめました】

【ほいくのおまもり】は保育士専門の転職サービス【ほいくのおまもり転職版】をご提供しています!

大きな特徴は次の3つです。

  • 手書きの履歴書不要!
  • 電話番号の登録不要!
  • 充実のアフターフォロー!

LINEの友だち追加から、気軽に始められるサービスです。

まずはクリックしてみてくださいね♪

 

友だち追加

-個人案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.