【7月】個人案の文例【2歳児】

子どもの姿

低月齢・・・2歳4ヵ月~2歳9ヵ月

  • 水遊びの時間になると水を怖がり、なかなか遊ぼうとしない。
  • 着替えなどを自分でやりたい意欲があるが、思い通りにできずに泣いて訴える。
  • 水分を摂ることが増えたからか、パンツをぬらすことが増える。

高月齢・・・2歳10ヵ月~3歳3ヵ月

  • 行事が始まるとじっとしていられずに、前に出ていったり、大きな声を出したりする様子が見られる。
  • 花や虫などに興味を示し、友達と「花が咲いたよ」「きれいだね」などの言葉のやり取りを楽しむ姿がある。
  • 自己主張が強くなり、玩具を取りあう姿が見られる。

共通

  • 暑い日でも戸外へ行くと、汗をびっしょりかきながら好きな遊びに夢中になっている。
  • 水遊びでは、走り回って転びそうになったりと危険な姿が見られる。
  • 手が汚れるのを嫌がるが、友達が泥遊びをしている様子を興味深く見ている。

ねらいと内容

低月齢・・・2歳4ヵ月~2歳9ヵ月

  • 少しずつ水に慣れて楽しめるようになる。
  • 出来ない所は保育者に手伝ってもらいながら、自分で出来た達成感を味わう。
  • 活動の節目でトイレへ行き、成功体験を増やしていく。

高月齢・・・2歳10ヵ月~3歳3ヵ月

  • 七夕まつりや夕涼み会に楽しんで参加する。
  • 自然に興味を持ち、友達や保育者と楽しみを共有する。
  • 自分の気持ちを言葉で伝えていく。

共通

  • 熱中症に気を付けながら、暑さに負けずに戸外で元気に遊ぶ。
  • 水遊びの約束を知り、安全に楽しむ。
  • 保育者や友達と水・砂・泥に触れて遊ぶ。

環境構成と保育者の配慮

低月齢・・・2歳4ヵ月~2歳9ヵ月

  • 体を水でぬらすことから始め、怖がる時は手を繋いであげたりして、少しずつ慣れるようにする。
  • 日頃楽しんでいるふれあい遊びをプール遊びに取り入れ、楽しみながら水に慣れていけるようにする。
  • 子どもが自分で着替えなどがしやすいように環境を整えたり、さりげなく手伝う事で、自分で出来た達成感を感じられるようにする。
  • 排泄では、遊びに夢中になるとトイレに行きたがらないことがあるので、遊びを中断せずにトイレへ行けるように、活動の節目で言葉を掛けていくようにする。

高月齢・・・2歳10ヵ月~3歳3ヵ月

  • 落ち着きが無くなっても、その子が楽しく参加できるように、保育者がそばについて「ここで一緒に楽しもうね」と言葉を掛ける。
  • 花のつぼみが大きくなったことや、花が咲いたことに気付いた喜びや、言葉でやり取りをする楽しさを味わえるように関わる。
  • 玩具の取り合いをしている時は、お互いの主張に耳を傾け、どうしたらお互いが納得して遊べるのかを考えて関わっていく。

共通

  • 戸外遊びや水遊びの後には休息をとったり、こまめに水分補給をするなど、熱中症対策をする。
  • 水遊びが始まる前に、走らないことや、玩具の使い方など約束事をしっかりと伝え、安全に遊べるようにする。
  • 保育者も一緒に泥まみれになって楽しむことで、汚れても大丈夫、楽しいということを伝えていく。

自己評価のポイント

  • 水遊びが始まる前に、子どもたちへ安全に遊ぶための約束事を伝えることができたか。
  • 熱中症対策は十分にできていたか。
  • 自分でやりたいという気持ちが満たされるような援助ができたか。
  • 泥遊びやボディーペイントなど、夏ならではの遊びが行えたか。
  • 水遊びが苦手な子どもに寄り添った関わりができたか。

【2ヶ月目突入】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

-個人案

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.