【7月】絵本のおすすめ【5歳児】

今月のおすすめ絵本をまとめました。

  • 学年ごとのおすすめを知りたい
  • 季節感のある絵本を読んであげたい
  • 子どもを引きつける絵本を読みたい

そんなニーズを抑えつつ、図書館でも借りられる、人気・定番の王道絵本を中心に選んでいます。

『もくじ』から気になるところを見てみてくださいね。

きつねのかみさま

<

ねらい

・物語の展開を想像しながら楽しむ

あらすじ

公園に忘れてきた縄跳びのひもを取りに行った、りえとけんちゃん。

そこで二人が見たものは縄跳びで遊ぶこぎつね達で、そのひもには「りえ」と自分の名前が書かれていました。

ところが一匹の小さなこぎつねが「あたしのよ」と言うのです。

みんなで縄跳びで遊びたいと神様にお祈りしていたら、あたしの名前「りえ」と書かれたひもを見つけたと言うのです。

こぎつねの名前も同じ「りえ」だということを知り、りえはそのままひもをあげることにしました。

こぎつねの願いを叶えたりえはきつねの神様になったのね。

解説文

きつねやりえ達の愛らしい描写や穏やかな物語の展開に、読み終わった後も優しい気持ちになることでしょう。

この絵本の持つ雰囲気を壊さないよう、読む際には落ち着いた環境で始めることをおすすめします。

また、読み進める際も声のトーンやスピードなど、ゆったり穏やかに進めていくと良いですね。

うみべのハリー

ねらい

・季節に合った絵本を楽しむ

・話の展開を想像して楽しむ

あらすじ

海辺は好きだけど、かんかん照りのおひさまは苦手な犬のハリー。

日陰を探していると、大波に運ばれてきた海藻にすっぽり覆われてしまいました。

その姿は犬ではなくて、まるでおばけのよう。

海辺にいた人々はびっくり!

ハリーはうちの家族を探しますが、なかなか見つかりません。

お店のおじさんに「ハリー」と自分の呼ばれたような気がして嬉しくなって跳び上がると・・・海藻がするりと落ちました!

そして自分の家族にも再会することができました。

解説文

話の展開がとても面白い絵本です。

登場人物が多いので、それぞれのキャラクターに合わせた表現で読み進めるとより盛り上がるかもしれませんね。

ハリーが歩くシーンや駆け出すシーンなど、ハリーの動きに合わせてスピード感やメリハリに変化をつけて読むのも良いでしょう。

わたし、くわがた

ねらい

・生き物の生態に興味を持つ

あらすじ

この絵本にはめすのくわがたが登場します。

「わたし」が、おすとめすの違いや天敵、他のくわがたについて、結婚から卵を産むまでを紹介していきます。

くわがたのこと、そしてわたしたちめすのことも覚えておいてね!

解説文

くわがたについて詳しく紹介しているので、子ども達の興味をより深めることができるのではと感じます。

挿絵はリアルな写真ではなくちぎり絵・切り絵のような手法で表現しているので、虫が苦手な子どもでも楽しく見ることができるでしょう。

図鑑の代わりとして子ども達がいつでも手に取れる場所に置いておくのもおすすめです。

たなばた

ねらい

・七夕の由来について知る

あらすじ

人間のうしかいは、歳とった牛に教えられたとおりに水浴びをしていた天女のおりひめの着物を隠し、おりひめを妻にしました。

やがて夫婦になった二人の間に子どもが生まれ、幸せに暮らしていました。

ところがそのことが天のおうぼさまに知られ、おりひめは泣く泣く天へと帰ってしまいます。

子どもを連れ、後を追ったうしかいでしたが、天の川は高い空にのぼってしまい、追いつくことができません。

そこで歳とった牛が話したとおりに牛の皮で作った着物を着て、ひしゃくを持ち、空に上っていきました。

天の川は波が逆巻いていましたが、親子は持っていたひしゃくで川の水を汲み続けました。

これを見たおうぼさまはかわいそうになり、年に一度の七月七日におりひめと会うことを許しました。

うしかいと子ども達はそれからずっと天に住むようになりました。

解説文

中国の七夕伝説をもとにした絵本です。

「おりひめ」「うしかい」だけではなく「子ども」も登場するので、新鮮に感じる子どももいるかもしれませんね。

淡い色調のイラストもとても美しいです。

この絵本の世界観を崩さないよう、優しく穏やかに読み進めると良いでしょう。

しゃぼんだまとあそぼう

ねらい

・しゃぼん玉遊びに興味を持つ

・しゃぼん玉の飛ばし方について色々な方法を知る

あらすじ

石けん水を作ったら、しゃぼん玉を飛ばしてみよう。

ストローだけではなく、針金やうちわ、れんこんなど、輪になったところがあればしゃぼん玉は飛ぶんだね。

さあ、しゃぼん玉と遊ぼう!

解説文

文字の部分では絵文字を使って紹介している箇所もあるので、言葉で少し説明を加えながら読み進めると良いでしょう。

また、読み聞かせの時間だけでなく、保育室に置いておき、子ども達が自由に手に取れるようにしておくこともおすすめです。

本の最後には「しゃぼん玉が上手く出来ない時は?」といったQ&Aも載っているので、ぜひ参考にして下さいね。

読んだ後、子ども達から「しゃぼん玉で遊びたい!」という声があがるかもしれません。

すぐに遊べるように、あらかじめ道具を揃えた上で読むと良いかもしれませんね。

 

他の月はまとめページからご覧ください

【まとめ】絵本のおすすめ(保育園・幼稚園・こども園)

続きを見る

週2回、お役立ち情報を配信

友だち追加

【8月になりました】

少しずつ慣れていたものの、

「あれ?こんなはずじゃなかった。。。」という人は多いです。

他のところに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほいくのおまもり(妻)

サイト管理人夫婦の妻の方。幼稚園でアルバイト2年、正職員6年、保育園で保育士3年。合計11年、この業界に関わりました。結婚を機に退職し、現在は3児の母。他に、夢の国のキャストや大手監査法人で事務職を2年半経験しました。買い物が大好きで、セールの季節はそわそわしています。

-絵本

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.