【3月】絵本のおすすめ(保育園・幼稚園・こども園)【30冊】

今月のおすすめ絵本をまとめました。

  • 学年ごとのおすすめを知りたい
  • 季節感のある絵本を読んであげたい
  • 子どもを引きつける絵本を読みたい

そんなニーズを抑えつつ、図書館でも借りられる、人気・定番の王道絵本を中心に選んでいます。

『もくじ』から気になるところを見てみてくださいね。

0歳児

おひさまあはは

ねらい

・明るい雰囲気の中で一緒に絵本を読む楽しさを味わう

あらすじ

おひさまがあはは おおきなきがあはは ことりがあはは・・・みんなあはは、とっても楽しそう!あれ?「ぼく」は笑ってないよ。でも、最後はおかあさんと一緒に「あはは」と笑ったのね。黄色をベースとした絵で、元気と明るさが伝わってきます。つい一緒に「あはは」と笑いたくなるような楽しい雰囲気のある絵本です。

解説文

読み聞かせの際には子ども達と一緒にニコニコしたり笑いながら読み進めても良いですね。「みんなも『あはは』と笑ってるね」「楽しいね!」と絵本の持つ楽しいイメージを子ども達と共有してみて下さいね。

いちご(語りかけ絵本)

ごあいさつあそび

やすんでいいよ

なーんだなんだ

1歳児

なきごえバス

ねらい

・話の展開を皆で一緒に楽しむ

あらすじ

はるちゃんとこぶたちゃんがのりものを作っています。その名も「なきごえバス」。「ごじょうしゃのかたはないてくださーい」を合図に次々とお客さんがやってきます。たくさんのなきごえでバスの中もとっても賑やか!終点でお客さんがおりた後、「はるちゃーん わたしものせてー」と言ったのは誰かな?

解説文

「ごじょうしゃのかたはないてくださーい」という合図でお客さんが「のせて」とやってくるのですが、次のページをめくらないと誰が乗るのかは分かりません。ページをめくる前の「なきごえ」がヒントとなるので、子ども達と「『にゃーにゃー』と言ってるね」「今度は『わんわん』だよ。誰かな?」と当てっこをしながら読み進めても楽しいですね。最後の方には一度にたくさんのなきごえが出てくるので、子ども達もきっと盛り上がると思いますよ!

どんどこももんちゃん

いちごです

しゃっくりくーちゃん

たいこ

2歳児

いちご

ねらい

・いちごの成長を通じて春の訪れを知る

あらすじ

絵本の最初は冬のシーンから始まります。雪に埋もれていたいちごが暖かくなるとともにつぼみを作り、花を咲かせ、真っ赤ないちごを実らせていきます。やがてお皿の中にたくさんの真っ赤ないちごが!「いただきます」と手に持ったいちごはとてもおいしそうです!

解説文

いちごのセリフは赤、語りかける言葉は黒色で分けられています。読む際に「いちご」と「語りかける言葉」とで声のトーンを分けるなど、変化をつけてみても良いですね。絵本を通じていちごの成長を見守ってきた子ども達にとって、見開きでいちごがたくさん実ったページはきっと喜びと感動を味わうことでしょう。このシーンで子ども達が絵本に引き込まれている姿が見られましたら、是非ページをめくるタイミングはゆっくりにしてみて下さいね。

おうちにかえろう

うずらちゃんのかくれんぼ

とりかえっこ とりかえっこ

いろ、いきてる!

3歳児

はなをくんくん

ねらい

・絵本を通して冬から春へと季節が移り変わる様子に気付く

あらすじ

動物たちが眠っている、雪の森。ある時みんなが目をさまします。みんなが「はなをくんくん」しながらかけてく先には、「ゆきのなかにおはながひとつさいてるぞ!」。春の到来を喜ぶ動物たちの表情も嬉しそうです。全ページにわたりモノトーンで描かれていますが、たった一箇所、「おはな」の色だけが鮮やかな黄色で描かれており、強く印象づけています。

解説文

しんしんと雪が降り、静寂が伝わってくるような、とても静かな雰囲気の絵本です。動物の表情や森の景色など、描写がとても美しいので、是非一ページ一ページ余韻を残しながら丁寧にめくってみて下さい。声のトーンも落ち着いて、ゆっくりと読むのも良いでしょう。午睡前など、落ち着いた空間の中で読むことをおすすめします。

ぽとんぽとんはなんのおと

ひみつひみつのひなまつり

たんぽぽ

11ぴきのねこ

4歳児

ぼちぼちいこか

ねらい

・ユーモラスな展開を皆で楽しむ

あらすじ

「しょうぼうし」「ふなのり」「パイロット」・・・どの職業についても失敗ばかりの、重量級のカバくん。カバくんを通じて「自分らしく考え、自分らしいペースでやっていこう」というメッセージが伝わってくるようです。関西弁の語り口調もユーモラスです。

解説文

「関西弁」という邦訳がこの絵本をさらにユーモラスに表現しています。子ども達が存分に楽しめるよう読み聞かせの前には下読みをし、読み進める際の自分なりの間合いやペースを把握しておくことをおすすめします。進級に向けて「自分らしく進んでいってね」という気持ちも込められる一冊になるのではと思います。

もりのひなまつり

のはらのひなまつり

まゆとりゅう

ともだちや

5歳児

1ねん1くみの1にち

ねらい

  • 絵本を通して小学校のイメージを持つ
  • 進学への期待感を持つ

あらすじ

1ねん1くみのある一日の学校生活の様子を追った絵本です。学校の持ち物、一日の流れ、授業の様子、給食のメニュー・・・全ページ写真形式で紹介しているのでリアルに伝わります。子ども達や先生のセリフも入るので、まるでその場にいるような気持ちになるでしょう。

解説文

写真形式でとある一日の様子を「紹介」していく内容となっています。「小学校はどんなところかな?」と視覚的にもイメージしやすい絵本です。写真に映る生き生きとした子ども達の表情から、学校生活の楽しい様子がきっと伝わることでしょう。読み聞かせだけではなく、絵本コーナーなど、子ども達がいつでも手にとって読むことが出来るような場所に置いてみるのもおすすめです。「ランドセルの色、同じだよ!」「給食、おいしそうだね!」など、子ども達の会話がより一層弾むかもしれませんね。

一ねんせいになったら

花さき山

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

ともだち

他の月はまとめページからご覧ください

【まとめ】絵本のおすすめ(保育園・幼稚園・こども園)

続きを見る

週2回、お役立ち情報を配信

友だち追加

【新年度に向けて動き出しましょう】

これからの時期、保育業界は求人件数も多くなってきます。

まずは「どんな求人があるのかな?」と、軽く覗いてみませんか?

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほいくのおまもり(妻)

サイト管理人夫婦の妻の方。幼稚園でアルバイト2年、正職員6年、保育園で保育士3年。合計11年、この業界に関わりました。結婚を機に退職し、現在は3児の母。他に、夢の国のキャストや大手監査法人で事務職を2年半経験しました。買い物が大好きで、セールの季節はそわそわしています。

-絵本

Copyright© ほいくのおまもり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.