保育士の転職サイトを使う必要はない?!使う転職と使わない転職の3パターン

   

保育士の転職サイトを使う必要はない?!使う転職と使わない転職の3パターン

こんにちは!モモンガ(自然大好き保育士)です!

転職サイトは便利ですが、万能ではありません。

そこで今回は、転職サイトを使わなくても良い人もいるということをお話します!

同時に、転職サイトを上手に使うためのお話もしていますので、使う人も必見です!

転職サイトは使ったほうがいい?使わない方がいい?→人それぞれ

次の保育園はどうしたいか?それにより使う、使わないは変わります!

はっきり結論から言うと、保育にこだわりがあり、就職したい保育園の候補がしっかり決まっており、体験保育をして関係をつくりながら転職先を探したい人は使わなくても良いと思います。

逆に、こだわりがあっても地域が決まっていないとか、就職したい保育園の候補はあるけど情報を集めたいとか、そういった人は転職サイトを使う価値があると言えます。

多分、ほとんどの転職を考える保育士は「今より良いところに行きたい」「自分の希望する求人はあるのだろうか」などなど、分からないことが多いと思います。

分からないことが多い、自分のある程度の希望はあるが、求人はどこで探せばよいか分からないような人は、転職サイトをぜひ使いましょう。

この記事では、

  • 転職サイトを使わなくても良い
  • 園探しから面接まで、しっかり転職サイトを使った方が良い
  • 自分でも探してみながら転職サイトを利用したほうが良い人

この3パターンについてお話します。

使う必要がない人

内容を忙しい人向けにまとめると・・・

  • 一般的に特殊だと思われるような保育、特殊な能力を活かす保育をやりたい人には、転職サイトに求人がない可能性大
  • もうすでに就職したい保育園がビシッと決まっている人は、使っても時間の無駄になる
  • 見学→保育体験と段階を踏んで探したい人は、転職サイトでは実現しにくい

自分のやりたい保育が明確な人

何か特殊なことをやりたい人には、転職サイトを使わなくても良いと言えるでしょう。

これは例えばの話。

「私はプロスポーツに特化したような保育がやりたいんだ!」という人は、転職サイトを使わなくても良いでしょう。

というのも、保育士転職サイトにはなかなかそういった求人が掲載されにくいからです。

この例だと、職員はプロスポーツの経験を必要とされるでしょう。

つまり普通の人では無理なのです。

世の中普通の人が大半を占めています。

転職サイトに出てくる求人もそういった普通の求人が大半です。

かくなる私も超自然派の保育士です。

転職サイトに登録しましたが、紹介はしてもらえませんでした。

山保育みたいな保育の形をとっている保育園は、そうありません。

そして、そういったところは別のネットワークで求人を出したりすることが多いのです。

やはり、一般的に見てある特殊な保育を打ち出している所は、自分で探すのが良いかと思われます。

自分の行きたい保育園が明確な人

もうすでに自分の行きたい保育園が1本決まっている人は、転職サイトを使わなくても良いでしょう。

自分の行きたい保育園があるということは、自分で探せたということです。

わざわざ転職サイトを使う必要もないでしょう。

転職サイトに登録すると、電話がかかってきます。

「年齢は?」「地域は?」「希望年収は?」「今までの経歴は?」色々今の状況を細かくきかれます。

そして、翌日から頻繁に「どんな条件で求人を探していますか?」「まだ探していませんか?」と求人紹介の電話がかかってきます。

決まっている人からすれば苦痛以外の何物でもないでしょう。

転職サイトは転職のサポートをするところです。

サポートとは、「地域や給与などの希望条件に合った求人を探す」というものが主です。

つまり、もうすでに決まってしまっている人は、あえて転職サイトに登録しなくても良いでしょう。

「もう決まった」と言えば電話連絡はないにしろ、キャンペーンなどの一斉メールが頻繁に送られてくるので、いちいち消すのがめんどくさかったり、メールを停止する手続きがめんどくさくなるだけです。

転職活動にじっくり時間をかけたい人

「まずは見学して、数回体験保育をして、それから決めたい」

「全国各地を自分の足で巡り、こだわりの保育を探しながらじっくり転職活動したい」

こういった人は転職サイトを使わない方が良いかもしれません。

というのも、転職サイトにお金を払って求人を出している園は、すぐに人が欲しいところばかりです。

見学と面接がセットになっていることが多いのです。

もちろん、数園の見学と面接を受け、受かったところから選ぶという方法はできます。

しかし、これでは体験保育レベルのじっくり時間をかけて、「自分に合っているかどうか?」確かめるような転職活動はできません。

こういった人は保育に対してかなり真摯に向き合っている人だと思います。

その熱心さがあれば、まずボランティアや関係づくりをしていくと思われますので、保育園には落ちないでしょう。

いくら多くの求人を取り扱っている保育士転職サイトとはいえ、全ての保育園を網羅はしていません。

あなたのこだわりと、憧れ、理想を追い求める力があるならば、転職サイトを使わずにじっくり自分で探したほうが良いです。

自分の力で探すという経験は、子どもに関わる時も良い形で出ますし、自信になるすごいことです。

あなた自身が自分の力で成長したいと言っているようなものなので、他人の力を借りる必要はないのかもしれません。

使ったほうがいい人

内容を忙しい人向けにまとめると・・・

  • 保育士の求人がどこにあるのか分からない人→転職サイトなら多く求人が集まっている!
  • 仕事しながらでも求人を探したい→転職サイトなら担当者が探してくれる!
  • パート・バイトの保育士求人を探したい→転職サイトならパート・バイトの求人もたくさん!

さて、詳しく見ていきましょう!

転職条件の希望はあるけど、どこで探していいか分からない人

「希望する地域や給料、家から何分かなど・・・ある程度決まっているけど、地域の求人はどんなものがあるか?」

「どこで求人を探そうか?」

こんな人は転職サイトを使う価値ありです。

何故なら、保育士転職サイトは、その名の通り多くの求人数を扱っているからです。

そして、あなたの担当者がつきます。

担当者なのですが、区、市レベルの地域ごとに決まっているので、地域の保育園の事情をよく理解しています。

もしも、自分でハローワークなどに行って転職活動をする場合。

求人数も少ないですし、条件や詳細は本当に分かりません。

おおまかな給与や、交通費が出るか?ぐらい。

これに対して転職サイトでは、細かい希望を聞き取って求人を探してくれます。

細かい希望を伝えることで、ミスマッチが少なくなります。

今、何となく希望はあるんだけどその希望に合う園があるか?

そもそも自分の希望って現実的に高望みなのか?みたいなあなたは、保育士転職サイトに登録してみましょう!

できるだけ楽に転職活動がしたい人

大抵の保育士が描く、転職の理想とは!

「間を開けない」ということだと思います。

しかしそれは、「仕事をしながら転職活動をしなくてはならない」ということです。

保育士というのは激務なので、仕事が終わって、家に帰って転職活動するのは困難でしょう。

もう辞めると分かっているから、「仕事のモチベーションは下がるし、でも山ほど仕事はあるし、転職活動まではしんどい・・・」

次の転職先を決めてから辞める!の現実はこんなものです。

しかし!保育士転職サイトなら条件さえ伝えれば、探すのは転職サイトの人なので、大幅に楽できます。

もちろん、やりとりのために電話はかかってきます。

しかし、「この時間帯に電話してほしい」と言えば夜8時ぐらいまでであれば対応してもらえますし、メールでの対応もしてもらえます。

転職サイトを利用するメリットとして、「しっかり希望さえ細かく言えば楽できる」ということです。

細かく指定しすぎてもそれに該当する園がなかったり、逆に希望をやんわりとしか伝えないとなかなか絞るのに難しいので

  • 給与は20~25万程度
  • 勤務地は家から20分~35分のところ

こんな感じで伝えると良いでしょう。

後はそれに合う求人を探してくれますので、選ぶだけです。

もちろん、面接の日程調整なども全部やってくれます。

これなら楽ちんですね。

「次の転職先見つけて辞める」が可能になるということです。

パート・アルバイト希望の人

案外こういった人いませんか?

「旦那がいるので、家事とかしないといけないから正規職員希望ではない」

「子育てに空いた時間でパートとして働きたい」

「担任は精神的、肉体的負担がかかるのでしたくない」

「でも、せっかくバイトするなら保育したいな」

こんな人はぜひ、保育士転職サイトを利用してください。

タウンワークとかでもそうですが、専門職のバイト求人少ないです!

保育士転職サイトなら、アルバイト、パートの求人も多くそろっています。

今「保育補助」という担任の補助をするような、副担任のようなポジションを設けている保育園は増えています。

何故か?

例えば、児童福祉法では5歳30名は1人の保育士でOKとなっていますが、現実は厳しいからです。

これに則って運営すると、作り物から日誌から何から何まで負担がかかります。

その結果、退職率の雨嵐になりました。

しんどい給料が出ない仕事が10時間以上続く環境で、定着するわけはありません。

保育園も行政も「困った!」となり、補助金を追加して人を雇うことにしたんです。

なので、今保育補助の求人も増えています。

保育士資格持っているならほぼ落ちません。

保育補助の仕事なら時間いっぱいで帰れるので、プライベートも安心です!

仕事は他の仕事に比べたら保育が好きなら楽しいと思います。

時給も悪くないです。

「近くの保育園で求人ないかな?」という人には、保育士転職サイトはおすすめです。

使いつつ、自分でも動いてみる★オススメ

内容を忙しい人にまとめると・・・

  • やりたい保育はあるけど、やっている園が分からない人は、転職サイトを使いながら自分でも細かく探してみよう!
  • 転職サイトは保育園を探すだけではなく、転職のサポートや相談も受け付けている!上手に利用しよう!

さて、気になる内容にいってみましょう!

やりたい保育が決まっている人におすすめ!

自分で探しながら、転職サイトでも探してみる・・・この方法がおすすめなのはこんな人です!

「具体的なやりたい保育があるけど、その園は見つかっていない人」

何故か?

やりたい保育があるということは、ある程度絞れるということです。

例えば、モンテッソーリ教育、自然保育なんかもそうですね。

実施している場所というのは、大まかに地域さえ決めれば簡単に絞れます。

その時、自分が就職しても良い保育園が限られているならば、求人が出ている可能性は低くなります。

保育園も365日、何年も連続でずっと転職サイトを使って募集しているわけではないので・・・

そうなると、求人が出ているに限らず、まずやっている園があるかどうか?を探すことになります。

探して見つけても、その園がとてもブラックかもしれないし、実際どうなのか?ということは不安だと思います。

そこで!転職サイトを使うのです。

転職サイトに「〇●園が気になっているのですが、ここはどうですか?」と聞いてみます。

求人が出ていなくても、過去に求人が出ていれば、どういった職場かを知ることができます。

また、転職サイトの担当者はその地域の担当なので、地域の保育園に関しては大体知っています。

もしも、あからさまにちょっと働きにくい園ならば、「あそこは~~で」と教えてくれるかもしれません。

そういった情報集めに使うこともできるのです。

また、探している園がダメでも、希望を伝えておけばその地域の園を探してくれます。

転職サイトに大きく探してもらい、自分はより細かく探す。

これら二者が園探しをすることで、より多くの情報を得ることができて、良い園に巡り合う確率は大きく上がるのです。

転職活動の仕方を聞くことが出来る!

転職サイトでは保育園探しだけでなく、転職に関するあらゆることを相談することができます。

「履歴書の書き方って?」とまぁ、こんな初歩の質問から受け付けてくれるので、不安なことがあればぜひ利用しましょう!

この地域の給料の相場は?とか、地域の質問も詳しいので答えてくれます。

特に気になる保育園がある場合、「●〇保育園ってどうですか?過去に求人出てましたか?」という質問から、職員目線で知りたいことについて聞くことができます。

「過去には~だったけど、今は~~になっている」というような他では得られない情報が手に入るので、おすすめです!

転職活動の戦略を立てるために、転職のやり方から、園に関する深い情報集めまで、転職サイトは使えるところです。

まとめ

転職活動において、知りたい情報が全部そろっているということは珍しいと思います。

多くは分からない、不安なことを残しながら「ここでいいかな・・?」という感じで受けることでしょう。

少しでも分からないことや不安なことがあれば、転職サイトを利用することをおすすめします。

使い方は人それぞれ、上手に利用して良い転職活動をしましょう!

▼▼オススメの保育士転職サイトはココ!▼▼
※登録後にコンサルタントから電話による返答があります。

【完全無料】保育士バンクの公式サイトを見てみる

★他の保育園の話、聞いてみませんか?

  • 今の職場が辛い…
  • 環境を変えたい…
  • 新しいことに挑戦したい…

今、保育士は売り手市場!転職先の選択肢は本当に広がっています。

登録は完全無料!まずは話だけでも聞いてみませんか?

保育士バンクについてもっと知りたい方は、保育士バンクの評判、口コミをまとめているコチラをどうぞ!

 - 保育士転職テクニック