【第108回】保育士お悩み相談|年長クラスの男児が何度もお腹にパンチをしてくる

更新日:

こんにちは、ほいくのおまもりです。

今回の相談者からのお悩みは、『年長クラスの男児が何度もお腹にパンチをしてくきて対応に困っている』というご相談。

回答者のほいくのおまもりは『いくつか推測しながら、考えられるケースにそれぞれお答えしますね』とアドバイス。

どうぞ、御覧ください。

保育士お悩み相談(LINE)

ひつじさん
私は去年の11月から、パートで週に3日、午睡の時間から保育補助をしています。
パートであり、保育士の免許も持っていないため、いろんなクラスに入って雑用から障害のある子のお世話などさまざまなことをさせていただいてます。
悩んでいるのは5、6歳クラスの男の子がとても乱暴で何度もお腹にパンチをしてくることです。かなりパワーも強く痛いので、痛いからやめてといってみたりどうしてパンチするのかを聞いてもただパンチを繰り返すだけです。新しい先生にベタベタとくっつくことが多いようですがパンチをされているのは私だけなようです。普段は周りのことも仲良く遊んでいますが、私がいるのに気づくと私の仕事の邪魔をしたりパンチをしたりととても困っています。
私は一体どのような対処をすればよいでしょうか。
ほいくのおまもり
こんにちは。 男の子からパンチを受けるとのことですね。
年齢が大きくなるとパンチの強さもあるでしょうから、かなり痛いのではと思います。
しかも子供の場合、全力で加減をしないということもありますね。

改めてどうしたら良いかを考えた上で返信いたしますね。
遅くとも3日以内にはお返ししますので、よろしくお願いいたします。

ほいくのおまもり
こんばんは。
お待たせしまして申し訳ありませんでした。

ひつじさんと男の子の関わりを実際に拝見していないため、推測しながら考えられるケースを返答していきたいと思います。

まずは担任の先生から「なぜパンチをするのか」を男の子に尋ねてもらうのも方法のひとつかと思います。
ひつじさんご本人を前にして男の子も「なぜか」は言いづらいかもしれませんね。
担任の先生といったご本人以外の人が尋ねることで素直に話すかもしれません。

もしここで理由が分かれば対処はしやすいかと思います。
例えば「なかなか遊んでくれないんだ」とか、「遊ぼうと誘った時に、いいよ、と言ってくれたのに遊んでくれなかったんだ」等具体的な原因があるのでしたら、機会を見つけて遊んだり、「この前は約束を守れなくてごめんね」と謝る等して「パンチをする直接の原因」を取り除いていけば良いかと思います。
徐々に男の子も気持ちが落ち着き、パンチをする機会も減ってくるでしょう。

ただ、担任の先生にも理由を言わない、首をかしげるなどして「分からない」と答える可能性もあります。
そのような時はもちろん男の子自身が「誰にも理由を言いたくない」と思っていることも考えられますが、男の子自身にも「なぜだか分からっていない」ケースも考えられます。
ですからこのような時にはこれ以上「どうして?なぜ?」と追求はせず、「先生はパンチされてお腹が痛かったんだって。大好きな〇〇ちゃんにパンチされて悲しかったと話していたよ」とひつじさんの気持ちを代弁してもらうと良いかもしれませんね。

男の子がパンチをする理由は色々と考えられます。
もしかしたら男の子自身が何かしらのストレスを抱えていて、パンチをすることで気持ちを受け止めて欲しいと思っているのかもしれません。
または、「ひつじさんに怒られても怖くないんだ」とひつじさんにパンチをすることに対してあまり抵抗感を感じていないのかもしれません。

いちばん考えられるのは、「自分を見て、もっと関わって」という気持ちが言葉の代わりにパンチとして出るからではないか、というものです。
ひつじさんの勤務時間は週に3日で午睡時からと、フルタイムの保育士と比べるとやや短く、色々なクラスで業務をされるため、男の子のクラスでゆっくり保育、というわけにはいかないと思います。
男の子にとっても「先生と遊んでみたいな」「どんな先生なのかな」と興味があるのと同時に、「自分とも関わって」「僕の方を見て」という気持ちがあるのではと思うのです。
ひつじさんの仕事の邪魔をする、というのも「僕の方を見て」ということから来ているのではないか、と推察します。
パンチをしてひつじさんの気を引くことで、自分を悪者にしてまでも自分の存在を伝えたいのではないか、と思いました。
それではどのように対処したら良いかということですが、例えば他の業務をしている時に邪魔をされたりパンチを受けた時には「大丈夫だよ、あなたのことをちゃんと見ていたよ」と伝えてみたり、「私はあなたのことが大好きなのよ」と繰り返し伝えてみるのはいかがでしょうか。
その上で「大好きなあなたにパンチをされるととても悲しいんだよ」と叱るのではなく真剣に伝えます。
すぐに効果が出るわけではなく、時間がかかるかもしれませんが積み重ねていくことが大事なのかな、と思います。

他の先生にはやらないとのことですが、もしかすると他の先生方はひつじさんと勤務形態が異なり男の子とじっくり関わる機会が多いのかもしれません。
ですからそこに関しては必要以上に落ち込まなくても良いのでは、と思います。

もしよろしければその後の話を聞かせて頂けたらと思います。
やはりうまく関係が築けない・・・という場合にはお話しを伺ったうえで再度考えてみたいと思います。
状況が好転すると良いな、と心から願っております。

ひつじさん
丁寧なご返答ありがとうございます
私の注意の仕方が悪いのか、かなりほかの子どもたちにも舐められたり、いたずらされたりして担任の先生に注意してもらうことが多々あります。
パンチしてくる子が以前先生好きと言いながらパンチしていたのを思い出したのですがその時に「先生も〇〇ちゃんのこと好きだけどパンチするのは痛いよ」と伝えましたがそれでも聞いてもらえなかったです。
もしかしたら今なら伝わるかもしれないのでもう一度言ってみようと思います
最近は掃除をしていてほとんど子どもたちと関わる機会が減ってきてしまっているのでかなり時間がかかってしまうと思いますが、進展があればまた報告させていただきます
ほいくのおまもり
こちらこそお気持ちを話して下さいましてありがとうございました。

子供達はひつじさんとどのように関わろうか、色々と試しているのかもしれませんね。
「ここまでいたずらしたら怒られるかな?」
「こうやって話したら先生はどんな反応をするだろう?」
と子供達なりにあれこれ試しながら、ひつじさんとの適度な距離をはかっているのかもしれません。

ですから、ひつじさんが「これは悲しいな」「これは嫌だな」と思うことは素直に伝えて良いのだと思います。
ただ、伝える時は中途半端な伝え方や、おどけた感じで話すのではなく、しっかりと目を見て真剣に話したほうが良いかと思います(すでにひつじさんも実践していらっしゃるかと思いますが)。
子供達の耳だけに届けるのではなく、心にも言葉を届けるイメージで話してみてはいかがでしょうか。
もちろん、これは叱らなくても伝わりますよ。

現在は掃除をされる機会が多いとのことですが、例えば通りすがった子供に一言二言話しかけて少しづつコミュニケーションを取っていくのも、ゆっくりでも関係は築いていけるかと思います。
子供達も「先生と話して楽しかった!」と思うかもしれません。

頑張って下さいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 私も、今すぐ相談したい
  • 今は相談しない、まだ相談する勇気がない
  • お悩み相談更新のお知らせがほしい(現在は週2回)
  • 保育に役立つ情報がほしい

どれか一つでも当てはまるあなたは、

気軽に友だち追加してみてくださいね。

おまもり代わりにどうぞ

友だち追加

受付ページと注目記事をご紹介します


【第83回】保育士お悩み相談|パートだからといって連絡帳を破られた!

こんにちは、うしさんくまさん(保育士&社会人歴のべ24年)です。 今回の相談者ひつじさんからのお悩みは、『パートだからといって連絡帳を破られた!』というご相談。 回答者のくまさんは『まずは園長と改めて ...

続きを見る


【第74回】保育士お悩み相談|先輩保育士が毎日クラスに入って細かい指導をする

こんにちは、うしさんくまさん(保育士&社会人歴のべ24年)です。 今回の相談者ひつじさんからのお悩みは、『先輩保育士が毎日クラスに入って、細かい指導をする』というご相談。 回答者のくまさんは『さらに上 ...

続きを見る

 

転職を考えている方向けはこちらです

【6月も魅力的な求人、あります】

「だましだましやってきたけど…やっぱりこの園合わないな…」

「こんなはずじゃなかったな…」

と改めて感じるのが5月ですね。そう思っているのはあなただけではないので安心してください。

まずは「どんな求人があるのかな?」と、軽く覗いてみませんか?

▼▼オススメの保育士転職サイトはこちらです▼▼

マイナビ保育士は当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できるサイトです。

コンサルタントがとてもしっかりしていて安心できますので、まずは話だけでも聞いてみてくださいね。

★マイナビ保育士の詳しい情報を見てみる

【無料】マイナビ保育士の公式ページをチェック

※全国対応、都市圏以外の求人も取り扱っています。

また、マイナビ保育士では7月4日に

『汐見稔幸先生 ✕ 井上さく子先生 公開対談』を開催します。

保育所保育指針が改定されたということで戸惑っている保育士もいいと思いますが、両先生の優しい語り口であれば、非常にわかりやすいのではないでないか?と期待できますね。

ぜひ、足を運んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ほいくのおまもり(妻)

ほいくのおまもり(妻)

サイト管理人夫婦の妻の方。幼稚園でアルバイト2年、正職員6年、保育園で保育士3年。合計11年、この業界に関わりました。結婚を機に退職し、現在は3児の母。他に、夢の国のキャストや大手監査法人で事務職を2年半経験しました。買い物が大好きで、セールの季節はそわそわしています。

-保育士お悩み相談

Copyright© ほいくのおまもり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.