格安スマホはお給料が少ないと嘆く保育士さんにこそオススメ!格安SIM乗り換え完全マニュアル

      2017/06/30

格安スマホは保育士さんにオススメ!格安スマホ(格安SIM)乗り換え完全マニュアル!

こんにちは、うしさんくまさん(保育士&社会人歴のべ24年)です。

今回は格安スマホ(SIM)に関する記事。うしさんも使っていますが、使えば使うほど「格安スマホは保育士さんに最適!」と思っています。にも関わらず、保育士さん向けの格安スマホの記事をあまり見かけません。僕の知識全開で格安スマホについてお伝えします!

目次

格安スマホ(SIM)って何?

最大の特徴はとにかく安い!安い!安い!

大事なことなので、3回言いました(^^)

格安スマホはとにかく安いです。

今、多分あなたは月々8,000円以上の携帯代を払っていると思います。

もう少し少なくても7,000円近くでしょう。

それが、月々1,500~2,000円くらいになるんです。

8,000円が2,000円になったら、その差は月々6,000円…!年間で72,000円!10年間で720,000円!

(10年間は大げさに思うかもしれませんが、経済学者の中には、今の若者が車を買わないのは、スマホのせい(長期での支払いが高額だから)と考えている人もいるくらいなので、あえて載せました)

どうしてこんなに安いのか?

格安スマホをサービス提供会社は、自分で回線を用意していません。docomo、au、SoftBankからレンタルしているんです。

回線を整備するお金がかからない。ショップなどもキャリアに比べて少ない(ない場合も)。

そういうコストカットができて、安くなっている。

これが格安スマホが格安でサービスを提供できている理由です。

そうなると安いからには問題もあるのではないの?と思うのが自然な反応。

事実、格安スマホにはキャリアと比べて劣るところがあります。

が、しかし!!!保育士さんにとってそのデメリットは問題にならない!と思ったのが、ここで格安スマホをおすすめしようと思った最大の理由なんです。

用語説明

詳細を伝えていく前に、格安スマホの事を理解しようとすると、どうしても馴染みのない言葉もわかっていないと話が頭に入りません。

超簡単に格安スマホに関する単語を説明します。

大きく分けると、次の4つになります。

  • 会社に関すること(キャリア、格安スマホ会社|MVNO)
  • 番号乗り換えに関すること(MNP)
  • 格安〜に関すること(格安SIM、格安スマホ)
  • スマホに関すること(SIMロック、SIMロック解除、SIMフリースマホ)

キャリア

docomo、au、SoftBankといった、携帯電話のサービスを提供している会社を【キャリア】といいます。

以下、docomo、au、SoftBankをまとめて指す時は全て【キャリア】という言葉を使います。

【キャリア】と出てきたら「docomo、au、SoftBankのことを言っているんだな」と考えてみて下さいね。

格安スマホ会社|MVNO

仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operatorの略)格安スマホのサービスを提供している会社のこと。

これからあなたが乗り換えるかもしれないサービスは、【格安スマホ会社のサービス】ということになります。

そして、格安スマホ会社はそれぞれがキャリアから回線を借りて、サービスを提供しています。

このキャリアから回線を借りているという事実は、格安スマホ会社を選ぶ上でも非常に重要です。

MNP

モバイルナンバーポータビリティといって、番号乗り換えのこと。

MNPをすることで、今までの番号をそのまま使えます。

キャリア同士(docomo→auや、au→SoftBankなど)はもちろん、キャリア→格安スマホでもMNPができます。

そのため、格安スマホにしたら番号を変えなきゃいけない?という心配は不要です。

SIM|格安SIM

SIMはスマホの中に入っている写真のようなICチップカードのこと。

これをスマホに挿さないと電話が出来ません。

キャリアで契約してもSIMを受け取れます。ただ、キャリアの契約は料金が高い。

対して格安SIMは料金が安いので、『格安』SIMといわれています。

SIMと格安SIM、モノは同じです。違いは、月額料金が高いか、安いかです。

格安スマホ

安いスマホが格安スマホ、とは『ならない』ので要注意!

これでも間違いではないのですが、スマホ+格安SIMのセットを格安スマホと呼ぶことも多いです。

格安SIM単体でも格安スマホと呼んでいる場合もあったりします。

キャリアとは違う通信会社で契約したら、全部、格安スマホと呼ばれる。くらいに思っておくと間違いがありません。

SIMロック|SIMロックスマホ|SIMロック端末

今、キャリアから発売されているスマホは『キャリアが変わるとそのスマホは電話・通信できなくなる制限』をかけています。これがSIMロックです。

SIMロックがかかっているスマホは、今と同じキャリアの回線でしか利用することが出来ません。

※ただし、格安スマホ会社はキャリアから回線を借りています。なので、例えばdocomoから回線を借りている格安スマホ会社の格安SIMなら、docomoのスマホは電話・通信が出来ます。こちらの詳細は下で説明していきます。

また、一般的にSIMロックスマホ、SIMロック端末という言い方はしませんが、実際はスマホの話をしています。SIMにロックがかかっているわけではないからです。

SIMロック解除

SIMロックがかかっているスマホのロックを解除してもらうことです。

SIMロックを解除することで、

  • どこのキャリアか?
  • どこの格安スマホ会社か?

ということを気にせずに利用できるようになります。

ただし、使用期間や契約者本人が解約手続きをすること、など、解除には条件があります。

SIMフリースマホ(SIMフリー端末)

SIMロックの反対です。最初からSIMロックがかかっていないスマホだから【SIMフリースマホ】です。

Amazonや家電量販店、SIMフリーiPhoneであればアップルストアで買うことができます。どこの格安スマホ会社でも使えます。

格安スマホ会社で購入することが出来るスマホも、SIMフリースマホです。

保育士さんに格安スマホがおすすめな理由(メリットとデメリット)

メリットとデメリットに分けて、順を追って説明していきます。

スマホ代が月々2,000円以内になる!(給料の問題を解決できる)

最初にも書いた、安さ。

月々の支払いが今の8,000円から2,000円になったら。

自由になるお金が6,000円増えるということ。

これは見方を変えると、お給料が6,000円増えたのと同じ事です。

今、保育士さんの仕事の大変さと、お給料が釣り合っていないということは、大きな社会問題になっています。

ただ、問題になったからといってすぐに、簡単にお給料がポンと増えるわけではありません。

でも、あなたが格安スマホに変えたら、簡単にポンと自由になるお金が増えるんです。

給料が少ないと嘆く前に、格安スマホにして自由になるお金を増やしませんか?

番号そのまま!スマホもそのまま!

キャリアから格安スマホに乗り換えたら、色々変わってしまって面倒なのでは?

という心配があるかもしれませんが、心配ご無用!

一番心配される電話番号は、MNPすれば変わりません。今の電話番号をそのまま使えます。

また、docomoやauのスマホを使っている場合、今使っているスマホをそのまま使えます。

SoftBankの場合も、SIMロック解除という手続きができれば、今使っているスマホをそのまま使えます。

新しく買い替える必要がないので、月々の通信費1,500~2,000円でスマホが持てるんです。

==========

ここからはデメリットをお話していきます。

ただし、最初にも書いたように、これらのほとんどは『保育士さんが』格安スマホを持つ上で問題にならないことばかりだと思っています。

キャリアメールが使えない

キャリアメールとは、docomoはdocomo.ne.jp、auはezweb.ne.jp、SoftBankはsoftbank.ne.jpのアドレスのこと

これらはいずれもキャリアが提供しているので、MNPして番号を乗り換えたとしても引き継ぐことが出来ません。

ただ、今の時代、家族とも、友人とも、そのやり取りのほとんどがLINEなどのSNSになっていませんか?

キャリアメールを使うことありますか?

そう考えると、キャリアメールはそもそも不要。使えなくなっても問題ないと思いますよ。

メールアドレス自体は、GoogleのGmailや、ヤフーのYahooMailなど、無料のアドレスを簡単に取得できます。

それをスマホでリアルタイムに受信することもできます。キャリアメールと変わらないということです。

それでもキャリアメールにこだわりたい人

ただ、身近な人の話で、

「キャリアメールのアドレスが10年以上、ずっと同じ。だから変えたくない!」

という人がいました。

その人もスマホを持つことにしたいのですが、解決策は『キャリアはガラケー(キャリアメールはそのまま)+格安スマホの2台持ち』でした。

キャリアもガラケーは1,000円ちょっとで持つことが出来ますし、格安スマホも1,000円ちょっと。合計で3,000円前後です。

僕自身は2台にする必要あるの?と思ったのですが、この方法でも月々8,000円よりは大幅に安いです。

意地でもキャリアメールにこだわる人は、この方法も検討してみて下さい。(特別、オススメするわけではないですけど。笑)

昼、夕方に通信が混雑する

キャリアとは通信速度、品質などで一歩劣るのが格安スマホです。

ただし!ほとんどの時間帯では、一歩劣るということを感じることはありません。

これはSNSやネットの閲覧はもちろん、通信速度が速くないと困ると言われる、動画の場合も含めてです。

では体感で通信が混雑、一歩劣ることがわかるか?というと、わかる時間帯もあります。

概ね、お昼(11:30~12:30)と夕方から夜(17:00~19:00)です。

なぜこの時間帯が混むかわかりますか?

お昼はお昼休みの時間帯。夕方は通勤ラッシュ(帰宅)の時間帯。

で、ここまで読んでもらえばわかりますね。

保育士さんはこの時間にピコピコ、スマホしているなんてありえないんですよね。

子どもとお昼を食べていたり、午睡の準備をしていたり。夕方から夜はシフトによるでしょうが、保護者のお迎えで一番バタバタしている時間帯。

「こんな時間にスマホなんかやってんじゃない!」ってサラリーマンに一喝入れたくなりますね。笑

夜は混雑するといっても、お昼や夕方の時間帯ほどは混雑しない=速度の遅さは気にならないです。

というわけですから、格安スマホは通信が遅い、なんて話は全く気にする必要はありません。

(ただし、一部にはオススメできない会社もあります。【オススメの格安スマホ会社と選び方】をご覧ください)

サポートがキャリアと比べて劣る

キャリアのショップ(ドコモショップ、auショップ、SoftBankショップ)に該当するものはかなり限定的です。

そのため、しっかりとサポートしてくれないと困る!という人には格安スマホは向きません。

ただ…キャリアのショップにおんぶにだっこじゃないと、スマホを持てない!という保育士さんは少ないんじゃないの?と僕は思っています。

このサイトを見に来てくださるかたの多くが20~30代、そして9割以上がスマホを使っています。

高齢者で今までガラケーで、スマホを持ちたい!といった場合なら、僕は格安スマホはオススメしません。

そういう人は、キャリアのショップでしっかりとサポートしてもらい、慣れたところで格安スマホを検討するのが確実です。

でも、このページまでたどり着ける保育士さんは、キャリアのサポートがなくても格安スマホを持てるくらいのスキルはあるので、安心してほしいと思います。

無料通話がない、電話料金が高い

通話料金は30秒/20円(税別)ですから、キャリアと比べて特別高いわけではないです。

ただ、キャリアではオプションで安くなるプランがあったりもするので、そういう意味では格安スマホの電話料金は高いとなるかもしれません。

また、格安スマホは基本的に無料通話がありません(オプションでつけることができます)。

そのため、電話を頻繁にする人には格安スマホは向かないと言われます。

と、ここまで説明したところで。

そんなに頻繁に電話しますか?もちろん、LINEを使った無料通話はここには含まれません。

家族、友人、恋人とのやり取りはLINEの無料通話を使えばいいんです。

僕が思うに、電話がしっかりと出来ないと困る人って、仕事で電話を使う人なんです。

でも、保育士さんは電話を使うことなんてほとんどないですよね?

もしかしたら、園外の公園に遊びに行った時に自分のスマホを持つように言われることとかはあるかもしれませんけど。

それにしたって、月々の料金が8,000円→2,000円まで下がれば、電話代が少々プラスになっても問題がないと思います。

補足|やっぱり問題ない?!

ちょうどこれを書いている時に、面白い記事を見つけました。

格安スマホ/格安SIMの顧客満足度、「mineo」と「DMM mobile」が1位を獲得 - ケータイ Watch

この記事の一番下に『格安スマホに変えたことで「悪くなった」人がどんな不満を持っているか』を書いています。

それがこの2つです。

  • 「通信品質」
  • 「手続き・サポート対応」

これ、まさに僕が書いた「保育士であれば問題にならない」といっているところなんです。

保育士にとっては一般的な格安スマホの問題は、問題にならない!という証明になっているかな?と思います。

オススメの格安スマホ会社と選び方

格安スマホは保育士さんにピッタリだ!と伝えきったところで、選ぶ時の注意点と、オススメの格安スマホ会社をお伝えします。

大手に絞る

通信速度については気にする必要なし!と書きましたが、今は格安スマホ会社が乱立していて、中小の格安スマホ会社では通信が安定しないという危険があります。

今回はそうなる心配の少ない、安心な格安スマホ会社を【2社】に絞ってだけを紹介しています。

ここで紹介していない通信会社を選ぶ場合は、慎重に情報を集めるようにして下さい。

(ここで紹介していない会社がダメというわけではありません)

オススメはLINEモバイルとmineo(マイネオ)

お待たせしました。それでは、このサイトでオススメしている格安スマホ2社を発表です!

mineo(マイネオ)LINEモバイルとの2社をオススメしています。

理由は3つです。

  • 大手(知名度)
  • 通信の安定
  • わかりやすさ

この記事を読んでいる保育士さんは、そもそもネットやスマホの回線に凄く詳しい!というわけではないと思います。

大手であること、知名度があることはそれだけで安心感がありますよね。そのほうが安心して契約できるというもの。

LINEモバイルは、いわずとしれたLINEの運営会社。

mineoはLINEにこそ知名度が劣りますが、関西の大手プロバイダ、ケイ・オプティコム(回線会社)なので、やっぱり安心感があります。

そして大手であることは、通信の安定にも繋がります。

格安スマホは回線を借りてサービス提供しているので、資金力がないと、お客さんは増えても借りている回線は少ないまま。そのため、通信ができない!などの問題が起こりかねません。

LINEモバイルとmineoであれば、通信には定評があります。

そして最後のわかりやすさ。

格安スマホに詳しくないあなただからこそ、わかりやすく、乗り換えも簡単な会社である必要があります。

そういう基準で選んでいるのがmineoLINEモバイルです。

ただし!一つ大事な注意点があります。

【超重要】あなたは今、どのキャリアを使っていますか?

mineoLINEモバイルと伝えましたが、今使っているスマホをそのまま使おうとしてるなら、注意が必要です。

なぜなら、あなたが今使っているスマホにはSIMロックがかかっています。

そして、あなたが今、使っているキャリアと同じキャリアから回線を借りている格安スマホ会社ならSIMロックやSIMフローなど気にせず、格安スマホを契約→SIMを今のスマホに挿す。という簡単なステップで使用出来るからです。

(実際はもう少し手続きがありますが、複雑ではないので後ほど説明します)

あなたが使っているキャリア別にどちらを選んだらいいのか?お伝えしていきます。

docomoを使っているあなた

LINEモバイル

mineo(Dプラン)

docomoのあなたは、mineoLINEモバイルどちらであっても、今使っているスマホをそのまま使えます。

(厳密には各社のサイトにそのスマホは対応しているか書いている表(動作確認済み端末、などと書かれています)があるので確認してみてください)

2社どちらがいいか迷っちゃう!ということであれば、

mineo…わかりやすさ重視!

LINEモバイル…知名度重視!

という基準がいいです。

mineoは画面を開いてもらうとわかりますが、キャリアに合わせたオススメの解約時期を案内してくれたり、iPhoneをそのまま使う方法を案内していたりと、かなり丁寧。

痒いところに手が届くとはまさにことです。

LINEモバイルは圧倒的な知名度です。

auを使っているあなた

mineo(Aプラン)

auを使っているあなたは、mineo1択です。(LINEモバイルは、docomoの回線のみなので、選べません)

一つ注意してもらいたいのは、mineoにはDプラン(docomo用)、Aプラン(au用)とあります。

今、auを使っているあなたは、Aプランで申し込む必要がありますので、気をつけて下さいね。

SoftBankを使っているあなた

SoftBankを使っているあなたは…ごめんなさい!

今のスマホをそのまま、LINEモバイルや、mineoで使うことは出来ません。

一つ方法があるのは、用語解説でも書いた、スマホのSIMロック解除すること。

そうすればLINEモバイルでも、mineoでも、使えるようになります。

細かい条件は色々とありますが『購入日より181日目以降にSIMロック解除が可能』というのが大きなポイントです。

SIMロック解除の詳しいやり方は公式ページをご覧ください。

スマホを新しく用意したい、SIMフリースマホを使いたいあなた

今使っているスマホではなく、新しいスマホを使いたい場合。

もしくは、ガラケーをやめてスマホにしたい場合。

格安スマホ会社はLINEモバイルとmineo、どちらもでOKです!

次にやることは、

  • スマホを自分で用意するか?(電気屋、Amazon、楽天などで購入するか?)
  • 格安スマホ会社でセット販売しているものにするか?

これを決めましょう。

機種にこだわりがないのであれば、格安スマホ会社が用意している、格安SIM+スマホのセットプランをオススメします。圧倒的に簡単だからです。また、セットですとスマホ代を割り引いてくれる事が多いです。

iPhoneを使いたい場合は自分で用意をするしかありません。

ただし、そこまで難しいかというとそんなことはなくて、アップルストア、もしくはAppleのウェブストアでiPhoneを購入するだけです。

iPhone以外のスマホを買って格安SIMを使う、ということもできますが、段々とハードルが上がってくるため、ここでは解説は控えます。

そこまでするなら、格安SIM+スマホのセットプランが簡単でいいのではないかな?と思います。

実際の手続きの話

ここからはいよいよ「格安スマホを使うことを具体的に検討したい!」というあなたのために、実際の手続きの説明をしていきますね。

といっても、実はこの解説はmineoで紹介されている『サービス紹介→ご検討〜お申込みまでの流れ』をベースにしています。

mineoがいいかなと思っている!ということであれば、直接mineoのサイトをみてもらって問題なし!

とはいえ、「mineoのページを見てね!」では芸がないので、mineoのページを参考にしながらも、保育士さんにとって重要なところ、必要なところ、つまづきそうなところを抽出してご案内してみますね。

スマホはどうする?

まず最初に考えるのは、どうやってスマホを用意するかです。

これは2つに分かれます。

  • 今使ってるスマホを使う
  • 新しく購入する

この部分は上のところで触れましたので、ここでは細かく説明はしません。

お伝えしたいことは、今までの感覚だと

キャリアを変える(=機種変)→スマホは新しく購入する

の1択です。

でも、格安スマホの場合は2つの選択肢がある。ということです。

  • そろそろ新しいスマホがほしいから、購入しよう
  • 新しくしたばかりだから、このまま使おう
  • 金欠だから、このまま使おう

というように、自分の都合で、自分にあった方法を選べますよ。

データ容量はどうする?

格安スマホを契約しようとすると「自分にあったデータ容量を決める」というのが悩ましいところかもしれません。

ほとんどの人は「自分は1ヶ月に何GB使っている」なんてこと、知りませんから。

で、mineoでは最適プランチェック!みたいなサービスがあって、それを使えば最適な通信量はすぐにわかります。

ちなみに「動画をガンガン再生する!とかでなければ」3GBのプランをオススメします。

僕は自宅ではWi-Fi、通勤で片道1時間スマホを使っていたときの1ヶ月のデータ通信量が3GB以内だったからです。

(動画はあまり見ないで、ニュースサイトや、SNS中心)

動画をしっかり観るとかになると話が変わってきますが、そうでなければ3GBで十分でしょう。

とはいえ、せっかく最適プランをチェックできるサービスをmineoは用意しているので、チェックしてみることをおすすめします。

オプション、キャンペーンはどうする?

オプションについて

万一の端末トラブルに備えるとか、スマホを安全に使うとか、スマホの操作や設定をサポートして欲しいとか色々ありますが、全部不要です!

せっかく格安スマホで安くスマホが持てるんですから、この際、【念のため】みたいなものは全部却下して下さい。

そのあとに「コレはなきゃ困る…」と思った時につければ大丈夫です。

サービスの種類によっては契約時しかつけることができないオプションがあったりしますから、それは契約時にしっかりと確認してくださいね。

キャンペーンについて

mineoでは随時キャンペーンを開催しています。

『サービス紹介→ご検討〜お申込みまでの流れ』を順に追ってみていけば、キャンペーンも紹介されています。

うまく活用してみて下さい。

電話番号乗り換え(MNP)はどうする?

ここが1番重要で、気になるところ!という人も多いと思います。

実はMNPは全然難しくありません。

ただ、ちょっと細かい話になるので、詳細をお伝えした上で、最後にまとめも書いておきます。

店頭、電話、パソコンと3つの方法がありますが、ここでは簡単なパソコンに絞ってお話します。

キャリアによってページは異なりますが、いずれもサポートページを用意しています。

  • docomo → My docomo
  • au → auお客さまサポート
  • SoftBank → My Softbank

それぞれのページで【MNPの手続き】に関する項目を選んで、進めていくだけです。

最後まで手続きをすると【MNP予約番号】というのが発行されます。

格安スマホで今までの番号を使うにはこのMNP予約番号が、格安スマホの申込時点で必要です。

そしてMNP予約番号は、手続きをして発行された時点で15日間が期限で、mineoでは残り期限が10日以上でないといけません。

ですから、mineoに申し込むぞ!という直前にMNP予約番号を取得(キャリアでの手続き)するのがオススメです。

ただ、キャリアでMNP予約番号を取得する場合、9:00~21:30となっていますから、この時間内に手続きをするようにして下さい。

あともう一つ。MNP予約番号を取得したけど、やっぱり乗り換えたくない!ってなったとき。

勝手に契約が解除されてしまうのか不安ですよね。

大丈夫です。MNP予約番号は15日間の期限があり、それを超えたらMNP自体がキャンセルされます。

また、逆にMNPをして格安スマホにすると、そのタイミングで今までのキャリアは、書類などを書かなくても自動で解約されるという仕組みです。

そして、SIMが届くまでは今使っているキャリア、スマホがそのまま使えるので安心してください。

まとめてみます。

  • 自分の使っているキャリアのサポートページにアクセスし、MNPの手続きを進める。
  • MNP予約番号を取得する(9:00~21:30の時間内)
  • 格安スマホ会社で契約手続きをする(MNP予約番号取得から、なるべく早めに)
  • 格安SIM(スマホ)が郵送される(契約手続き後、1週間程度)
  • 格安SIMをスマホに取り付ける(説明書を読む)
  • Web(マイページ)上からMNP転入切替で回線がキャリアから格安スマホに切り替わる(ドコモプランは1時間程度、auプランは30分程度)
  • 切り替えるまで、今までのキャリア、スマホは使える
  • キャリアの契約が解約される

正直、ここを読んでもわからない部分があるかもしれません。

でも、上から順番に進めていけば「あら、簡単!」と思うはずです。

えいや!で手続きをしちゃって下さい(^^)

まとめ|格安スマホを使うと幸せになれる!

格安スマホ、格安SIMがなんだといわれても「そういうのわからないから!」と拒否反応が起こるかもしれません。

確かに、馴染みのない人には抵抗感がありますよね。

保育士さんは普段からITを使い慣れている人が少ないですし(仕事で使わないから)。

ただ、それでもこれだけツラツラと書いてきたのには理由があります。

繰り返し書いてきましたが、格安スマホだけで、携帯代金、スマホ代金が驚くほど安くなるんです。

そしてそのことにより、困ることはほとんどないんです。

少なからず、僕は全く困らずに利用できています。

そして月々の料金は1600円くらいです。

保育士の仕事はどうしてもお給料が少なくなりがち。

それは福祉という側面もあり、ある意味仕方ない部分もあります。

そこに不満を持つよりも、スマホ代を安くすることで自由になるお金を多くする!

というのは、今すぐできる、とても即効性のある方法なんです。

そうはいっても、それでもやっぱり不安…。

という人のために、mineoではチャットで質問できるサービスも用意しています。

この記事を読んで、それでも不安が取り切れないとしたら。

是非、チャットで疑問点を全てぶつけてみて下さい。

安心して、格安スマホをスタートできるはずです。

頑張ってくださいね!!

★他の保育園の話、聞いてみませんか?

  • 今の職場が辛い…
  • 環境を変えたい…
  • 新しいことに挑戦したい…

今、保育士は売り手市場!転職先の選択肢は本当に広がっています。

登録は完全無料!まずは話だけでも聞いてみませんか?

保育士バンクについてもっと知りたい方は、保育士バンクの評判、口コミをまとめているコチラをどうぞ!

 - その他のオススメ・悩み